どこで暮らすにもワクワクしながら暮らしたい

東京暮らしをしていたけど、震災後、実家の徳島県へ引っ越し、その後、突然「海外移住」を決断し、実行する。

そんな家族のブログが非常に興味深いです。

「家族で海外移住」という選択。 多民族国家マレーシアで子育ても仕事もワクワクしながらやってみる!

wakuwakukaigai

しかも、

  1. 外国人が長期滞在しやすい
  2. 治安がいい
  3. 英語が通じる
  4. 光ファイバーが通っている
  5. 日本と行き来しやすい
  6. 物価が高くない
  7. 人種差別が少ない
  8. 教育環境が整っている
  9. 寒くない

という理由から、海外の移住先にまったく縁のないマレーシアを選ぶのだから、驚きです。

移住後、ブログも定期的に更新されており、マレーシア移住の参考になりますよ。

クアラルンプール、ときどき東京。

クアラルンプール、ときどき東京。

クアラルンプール、ときどき東京。

 

海外で暮らすにしても、ワクワクしながら暮らしたい

私にとっては、毎日をワクワク笑って生きることこそが人生で、不満や不安だらけの毎日を消化するような生き方は、望んでいなかったのです。いつ、どこに住むかは、誰かや何かに決められてしまうのではなく、自分で決めたい。そして、できれば、信頼する仲間たちと楽しく好きな仕事をしたい。そんな思いが常にありました。

昔と比べ、働き方が変わってきている時代、今後、こういったライフスタイルを求める家族は多くなる気がします。

海外移住が良い悪いというより、どこで住むにしても、ワクワクしながら暮らしたいという想いがあるんですよね。さらには、住まいの選択も、注文住宅や戸建てが全てではないということ。

 

どれだけ中身である暮らしが大事か

一度、ワクワクできる暮らしを知ると、ワクワクできない暮らしには物足りなさを感じます。

だから、ライフスタイルを重視した方たちにとっては、過剰なハード面ばかり訴求した住宅や既成品だらけの住宅には、つまらなさを感じるでしょう。

耐震性・断熱性など、それらが大事ではないというわけないですが、もっと重要視しているのは、ワクワクできる暮らしなのです。

長期優良住宅という言葉を聞いて、ワクワクできる暮らしを想像できるでしょうか?

日本の家づくりはつまらない!?…つまらなくしているのは何?

 

おまけ

つまらん、お前の〇〇はつまらん

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で住宅業界のインターネット成功戦略をフォローしよう!

 

以下、スポンサーリンク&PRです。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

この記事に興味を持った方はメルマガ登録をオススメします。

年間20棟未満の工務店経営者や、周りとは違う強みを出したい建築士の方へ、集客の仕組みを作るノウハウやマインド、ヒントになる考え方やお得な情報をお届けしています。

sem