建築家・隈研吾氏も氷水を被る…

アイス・バケツ・チャレンジ

アイス・バケツ・チャレンジ (Ice Bucket Challenge) あるいはALSアイス・バケツ・チャレンジ (ALS Ice Bucket Challenge) は、筋萎縮性側索硬化症 (ALS) の研究を支援するため、バケツに入った氷水を頭からかぶるか、またはアメリカALS協会(英語版)に寄付をする運動。2014年にアメリカ合衆国で始まり、Facebookなどのソーシャルメディアや、動画共有サイトのYouTubeなどを通して社会現象化し、他国にも広まっている。参加者の中には各界の著名人や政治家も含まれており、寄付金の増加やALSの認知度向上に貢献している。(wikipedia

ルール

  1. まず「アイス・バケツ・チャレンジ」を受けることを宣言する。
  2. バケツに入った氷水を頭からかぶり、そして次にこのチャレンジを受けてもらいたい人物を2人から3人程度指名する。
  3. この様子を撮影した動画をFacebookやTwitterなどのSNSで公開してチャレンジ完了となる。
  4. 指名された人物はチャレンジを受ける場合、氷水をかぶるか、または100ドルをALS協会に寄付するか、あるいはその両方を行うかのいずれかを24時間以内に選択する。

ただ、氷水を頭からかぶることや寄付をすることは強制ではなく、日本ALS協会も公式サイトや報道を通じて「無理はしないよう」要請している。

(´-`).。oO( 広まってるなぁ・・・

 

なぜ短期間でこのチャレンジが有名になったのか?

この運動は欧米からはじまり、国内外の実業家や教授、タレントなど、そうそうたる面々が参加し、8月末には1億ドル(約100億円)以上の寄付金が集まったようです。

前年の寄付金は190万ドル(約1億9000万円)なので、今回の仕掛けでかなり伸びていますね。おそらくソーシャルメディアのバズマーケティング(口コミマーケティング)の成功事例として、今後も取り上げられそうですね。

 

このチャレンジが短期間で有名になった仕掛け

  • 氷水をかぶる、または寄付をする という、たった二択でルールがわかりやすい。
  • 24時間以内に実行することという、時間制限という、強迫観念。
  • 友人、知人など、他の人もやっているからという、同調圧力。
  • 社会貢献したということを感じることができる。
  • 「アイスバケツチャレンジ」という分かりやすいネーミング。
  • 映像には一人で映るため、主役になれる。

などなど、ビジネスのヒントになりそうな要素が、いろいろあると思います。

この辺りの仕掛け方、住宅のマーケティングでも使えそうな気がします。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で住宅業界のインターネット成功戦略をフォローしよう!

 

以下、スポンサーリンク&PRです。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

この記事に興味を持った方はメルマガ登録をオススメします。

年間20棟未満の工務店経営者や、周りとは違う強みを出したい建築士の方へ、集客の仕組みを作るノウハウやマインド、ヒントになる考え方やお得な情報をお届けしています。

sem