同じことでも、仕掛け方ひとつで結構変わります。

流行りのアイスバケツチャレンジ、
建築家の隈研吾氏も氷水を被ってますね。

⇒ http://dtoac.com/blog/20140826/10006

氷水には賛否でていますが、

氷水という印象強い
パフォーマンス内容を、

映像とSNSが後押ししていて、
広まり方にはすごい勢いがあります。

ALSの認知度も一気に上がりました。

ただの寄付だとここまで
広まらなかったことを考えると、
仕掛け方って、重要ですね。

仮に、氷水をかぶらなくても
「あの○○がアイスバケツチャレンジを拒否した!」
って感じで話題になりますし。(武井壮さんとか)

次にこのチャレンジを
受けてもらいたい人物を
2人から3人程度指名する。

というところなんて、

なんだか、昔流行した
チェーンメールや不幸の手紙を
思い出しますが、

この手の手法、良いように使えば、
良い効果が出るってことですよね。

ただの寄付という行為に、
周りを巻き込むという仕掛けを加えることで、
こうも変化するとは・・・

勉強になります。

⇒ http://dtoac.com/blog/20140826/10006

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

あなたにしかできない世界観のある家づくりを始めよう!そして、家を楽しむことを提案しよう!建材メーカー主導のモノの価値を訴求する家づくりではなく、「暮らしをモノで豊かにしようするのではなく、暮らしを精神的に豊かにする。」そんな考え方です。