女性の進出はゼネコンだけの話ではないはず・・・

建設業界では、女性の進出がどんどん増えるよう仕掛けられていますね。

ドボジョ!

ドボジョ!

国土交通省と建設業界は、建設現場で働く女性の数を倍増させることを目指す行動計画(アクションプラン)をまとめた。2020年の東京オリンピック・パラリンピック開催に伴い、施設整備などの建設業界で人材不足が深刻になることが見込まれいるため、現在約10万人いる女性の数を4年以内に2倍に増やしたいとしている。8月20日、NHKニュースなどが報じた。

「建設現場で働く女性」倍増へ 東京オリンピックに向けて|The Huffington Post

 

「大きな建物を建てたい、橋を架けたいという女子学生は増えている。たとえば、大学によっては建築コースに進む学生の4割くらいは女子学生になっている。男性だけを採用していたら、人材がいなくなる。モノ作りに興味を持っている人材は男女を問わずに採用して、力を発揮してもらうことが重要だと考えている」

東洋経済オンライン「鹿島建設が女性を現場配属する理由」』

 

「ドボジョ」という言葉をご存じだろうか。土木系の仕事や学問に携わっている土木系女子のことだ。ヘルメットに作業服という男性の象徴的な仕事だったが、女性の進出がめざましい。最近はマンガのヒロインとしても登場し、若い女性のキャリアの選択肢として定着している。

ドボジョ、工事現場駆ける 土木系女子が「クール」

建設(土木)だけでなく、住宅業界も女性の進出が活性化するような環境づくりが必要ですね。

住宅業界はいつも、建設業界として一緒にされてしまうけど、建設業界が活性化したからといって、住宅業界が活性化するとは限らないので・・・

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で住宅業界のインターネット成功戦略をフォローしよう!

 

以下、スポンサーリンク&PRです。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

この記事に興味を持った方はメルマガ登録をオススメします。

年間20棟未満の工務店経営者や、周りとは違う強みを出したい建築士の方へ、集客の仕組みを作るノウハウやマインド、ヒントになる考え方やお得な情報をお届けしています。

sem