見積もりで大事なことって何でしょう?

住宅系の見積もりソフトって、
ちょいちょい新しいのが出ますよね。

⇒ http://dtoac.com/blog/20140909/10604

正直、仕事柄、使わないので、
どれがいいのかわかりません(苦笑)

20代の頃、とある建築系会社の
見積もりの初期バージョンの実験に
関わらせてもらったことがあるのですが、

「やれ単価がどうだ、
やれ拾い方がどうだ」と、

こういう見積ソフトを
絶対に信じない人います(笑)

ですが、

精密な見積ソフトが、

受注を取る上で、
必ずしも必要かといえば
そんなことはなくて、

昔出会った、
ある工務店の専務は、

企画住宅として、
標準的な仕様をベースにして、
建物の基本金額を決めておき、

仕様変更はオプション価格でいくら、
間仕切り壁の追加はメーターいくら、

そんな感じで淡々と金額を弾き出し、
契約していました。

専務曰く、理由は、
「わかりやすいほうがいいでしょ?」
ってことでした。

たしかに住宅の金額って
何年たっても、
わかりにくいままですよね。

見積もりソフトは、
あくまでもツールです。

頼る頼らない以上に、

「わかりやすい住宅のつくり方」って
今後必要なキーワードだと思っています。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で住宅業界のインターネット成功戦略をフォローしよう!

 

以下、スポンサーリンク&PRです。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

この記事に興味を持った方はメルマガ登録をオススメします。

年間20棟未満の工務店経営者や、周りとは違う強みを出したい建築士の方へ、集客の仕組みを作るノウハウやマインド、ヒントになる考え方やお得な情報をお届けしています。

sem