住宅プランのプレゼンにも応用できる?坂本龍馬・薩長同盟の提案書

「要点を押さえ、わかりやすく伝える」って大事。

「要点を押さえ、わかりやすく伝える」って、住宅のプラン提案をする上でも必要なスキルです。もちろん、施主に対してのプレゼン以外にも、社内で上司に対しても使えるスキルでもあります。

そういったスキルって、わかりやすいスライド資料から学ぶことできるのではないでしょうか。元々、モニターと使ってプレゼンすることを前提に作られているため、要点が押さえられていて、わかりやすい資料が多いです。

 

例えば、ネットで結構話題になっている「明治維新の立役者、坂本龍馬がパワポで薩長同盟の提案書を持って来たら」のスライド、着眼点も面白いですし、わかりやすくていいですね。

明治維新の立役者、坂本龍馬がパワポで薩長同盟の提案書を持って来たら

http://sket.asia/magazine/jirei/ryoma/

 

高杉晋作の奇兵隊のスライド資料も。

サマーインターン開始!~集え、奇兵隊~ 奇兵隊_高杉晋作

http://sket.asia/magazine/jirei/kiheitai/ 

 

これらの資料は、スマートキャンプ株式会社という、資料作成”専門集団”によって作られたデモ資料です。

さらには、SKETラボ!という、資料作成で必要なスキルなどの、資料作成に関する情報をお届けするサイトも運営されています。

yoa

 

こちらの『「見やすいプレゼン資料の作り方」のポイントを3つにまとめてみた!』とかすごく参考になりますよ。

【プレゼン】見やすいプレゼン資料の作り方【初心者用】

 

要点を押さえ、わかりやすく伝えることは、情報過多のこれからの時代、すごく必要ですよ。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

【ブログ読者アンケートにご協力いただけると嬉しいです。】

ご入力いただいたメールアドレスに、不定期メールマガジン『イエコトバ』をお届けいたします。不要な場合、いつでも解除できます。メルマガ解除後の再登録についてはこちらをご覧ください。

【家づくり『注文住宅3.0』とは?】

『注文住宅3.0』とは?

【提案する『家づくりの仕組み』とは?】

『家づくりの仕組み』とは?

 

ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

あなたにしかできない世界観のある家づくりを始めよう!そして、家を楽しむことを提案しよう!建材メーカー主導のモノの価値を訴求する家づくりではなく、「暮らしをモノで豊かにしようするのではなく、暮らしを精神的に豊かにする。」そんな考え方です。