良い住宅を建てることと同じぐらい収益を出すことも大事

ものづくりの方たちが敬遠することと言えば、「稼ぐ」「収益を出す」ということ。お金の話が苦手で避けたり、「稼ぐこと」=「悪い」と捉えている方も少なくありません。

でも、良い住宅を建てることと同じぐらい収益を出すことも大事だと思っています。正しく稼げばいいんです。

 

住宅業界には、二言目には「値引き」を持ち出す営業マンが結構いますし、その他には、お金を使わないよう仕向ける管理部などもいますね(笑)

昔、電車の路線違いで10円高くなった電車賃を、経理に問い詰められてた50歳近い社員がいました(笑)電車に乗った社員とすれば、目的地に近い降り口ということでその線を使ったという理由ですが、たかが10円の違いで30歳手前の経理の女性にボロクソ問い詰められてましたの思い出しました(笑)・・・タイムイズマネーなのにね。

AL008

こういう人達を目にしてから、「管理部とかクソったれ」だなと思っているわけです(笑)言葉を慎むなら、「稼ぐ意識のない人」は会社には不要だと思っています。

 

先日、元ライブドアの堀江さんが、「すべての部署が収益を出そうとすることで、仕事への意識が高まる」と言ってたのを載せておきます。

 

「堀江貴文のQ&A vol.377~社内で稼ぐ!?~」

「すべての部署が収益を出そうとすることで、仕事への意識が高まるから」だそうです。
会社組織は、必ずしもすべての部署がノルマを追いかけなければならないわけではありません。とはいえ、発破をかけないとダレるのが人間というもの。少し前には、用途が決まっていない情報を管理する役所の仕事が、大変ずさんになっているという事件もありました。常に目標を掲げておくことで、1人1人がより良い方法を考えるようになるのかもしれませんね。

「経理部だって利益を生める!?」—ホリエモンがライブドア時代に行った、社員の気を引き締めるワザ

 

まずは、良い物を作ることと同じぐらい収益を出すことも意識すると、住宅業界ももっと良くなると思っています。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で住宅業界のインターネット成功戦略をフォローしよう!

 

以下、スポンサーリンク&PRです。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

この記事に興味を持った方はメルマガ登録をオススメします。

年間20棟未満の工務店経営者や、周りとは違う強みを出したい建築士の方へ、集客の仕組みを作るノウハウやマインド、ヒントになる考え方やお得な情報をお届けしています。

sem