暮らしを魅力的に撮影したいなら日常を切り取ったほうがいい!

海外の方が2週間の日本滞在で、東京・京都・神戸・広島・城崎を撮影した映像です。

何気ない日常の暮らしの一部なのですが、その中の一コマを魅力的に切り取っていますよね。

以前、「日本の現代建築もフランス人が撮影すると目線が違う!?」という記事を書きましたが、どこか日本人とは着眼点が違いますよね。

「日本だから、日本にしかないものがいい。」というのは、わかっているのですが、中にいると、なかなかそこに気付かず、普段の日常そのものに魅かれにくいんですよね。

 

住宅の場合、暮らしを撮影するのは住んでから半年以降がいい

上記の例は、施工例の写真を撮る時に関連しています。

建物のデザインで勝負したいなら、荷物が入っていない引き渡し前の撮影でいいと思いますが、建物のデザインで勝負できないなら、住まい手が入った暮らしを撮る方がいいです。

「その家にしかない日常の暮らし」

これを魅力的に撮るには、もちろん日常がそこになければいけません。だから、施主の写真撮影をするのも、住んでから半年ぐらいは経ってた方がいいのです。

その中で、魅力的な瞬間を撮影していくしかないのです。

擬似的に社員とかがモデルになった写真とかは、違和感出まくりで論外ですね(笑)

海外の方の撮影を見ていても、その魅力的な瞬間に気付くマニュアルがあるわけではないので、やはりセンスと言わざるをえないんですかね・・・

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で住宅業界のインターネット成功戦略をフォローしよう!

 

以下、スポンサーリンク&PRです。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

この記事に興味を持った方はメルマガ登録をオススメします。

年間20棟未満の工務店経営者や、周りとは違う強みを出したい建築士の方へ、集客の仕組みを作るノウハウやマインド、ヒントになる考え方やお得な情報をお届けしています。

sem