わかりやすいキャッチはブランディングにも繋がる。

建築家、ザハ・ハディドの展覧会が、
東京のオペラシティで開催されます。

⇒ http://dtoac.com/blog/20141005/11198

かつては、

デザインが先を行き過ぎてて、
その通りに建設できないということから、

アンビルドの女王と
呼ばれてたわけですが、

わかりやすくて、
いいキャッチフレーズですよね。

本人が気に入ってたかどうかは
わかりませんが・・・(笑)

わかりやすく伝えるのに、
キャッチのいい言葉って、
ブランディングにも繋がります。

昔CMでよく観た、
マスターカードの

「お金で買えない価値がある、買えるものはマスターカードで」

その前フリの何がいくらなのかは、
覚えていませんが、

最後のフレーズはいまだに残っています。

あと、先日読んだ幕末本の影響が
残っていますが(笑)

亀山社中より海援隊の方が、
船による貿易のイメージが
湧きやすいですよね。

このような言葉を使うチカラがあると、
チラシにもWEBにも使える
基本なので重宝しますよ。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で住宅業界のインターネット成功戦略をフォローしよう!

 

以下、スポンサーリンク&PRです。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

この記事に興味を持った方はメルマガ登録をオススメします。

年間20棟未満の工務店経営者や、周りとは違う強みを出したい建築士の方へ、集客の仕組みを作るノウハウやマインド、ヒントになる考え方やお得な情報をお届けしています。

sem