特集・建築現場で・・変わる大工事情(2014年2月21日)

  • 大工がいない・・・建設業の若者離れ
  • 大工になりたい!若者の夢を支える学校
  • 伝統の技を受け継ぐ 大工を志す若者たち

 

「工務店側に若者を雇用する 余裕がないという事情」って、過去の下請け叩きやローコスト住宅の影響が巡り巡って、雇用や人材育成にまでお金を回せないということもあるのでしょうか。

また、若い人たちがすぐ辞めてしまうという環境にも問題がありますよね・・・

 

よくよく時代を追ってみると、大工の数がちょうどバランスがとれている時期なんてないですよね。

余っているか、足りないか・・・

これは、社会のせいしてもしょうがないので、大工という一つの仕事だけでなく、他の仕事もできるチカラが必要ってことだと感じています。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で住宅業界のインターネット成功戦略をフォローしよう!

 

以下、スポンサーリンク&PRです。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

この記事に興味を持った方はメルマガ登録をオススメします。

年間20棟未満の工務店経営者や、周りとは違う強みを出したい建築士の方へ、集客の仕組みを作るノウハウやマインド、ヒントになる考え方やお得な情報をお届けしています。

sem