特集・建築現場で・・変わる大工事情(2014年2月21日)

  • 大工がいない・・・建設業の若者離れ
  • 大工になりたい!若者の夢を支える学校
  • 伝統の技を受け継ぐ 大工を志す若者たち

 

「工務店側に若者を雇用する 余裕がないという事情」って、過去の下請け叩きやローコスト住宅の影響が巡り巡って、雇用や人材育成にまでお金を回せないということもあるのでしょうか。

また、若い人たちがすぐ辞めてしまうという環境にも問題がありますよね・・・

 

よくよく時代を追ってみると、大工の数がちょうどバランスがとれている時期なんてないですよね。

余っているか、足りないか・・・

これは、社会のせいしてもしょうがないので、大工という一つの仕事だけでなく、他の仕事もできるチカラが必要ってことだと感じています。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

【ブログ読者アンケートにご協力いただけると嬉しいです。】

ご入力いただいたメールアドレスに、不定期メールマガジン『イエコトバ』をお届けいたします。不要な場合、いつでも解除できます。メルマガ解除後の再登録についてはこちらをご覧ください。

【家づくり『注文住宅3.0』とは?】

『注文住宅3.0』とは?

【提案する『家づくりの仕組み』とは?】

『家づくりの仕組み』とは?

 

ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

あなたにしかできない世界観のある家づくりを始めよう!そして、家を楽しむことを提案しよう!建材メーカー主導のモノの価値を訴求する家づくりではなく、「暮らしをモノで豊かにしようするのではなく、暮らしを精神的に豊かにする。」そんな考え方です。