60’s Wonder Architecture 〜謎のスイス人建築家パスカル・ホイザーマン

謎のスイス人建築家パスカル・ホイザーマンの“隠された真実”に迫る衝撃のドキュメンタリーがついに日本上陸!

あなたはパスカル・ホイザーマンをご存知だろうか? 50年代末からUFOのような球体と卵形の殻からなる住居の研究を始め、スイス、フランスを中心に活動した謎の建築家・・・・。

ホイザーマンは1936年、スイスのビエンヌに生まれる。「水中で作られる“泡”の形は自然界で最も無駄がない」「自然が決めた形にならえば無駄のない建築が生まれる」と語る彼は、60年代から本格的に“泡”を模した球体の家の設計にとりかかる。1966年『国際未来建築協会』に参加、1970年には彼の構想した案が、カンヌ都市計画設計コンペで1等に輝く。また1971年には、建築家アンティ・ロヴァグ(ピエール・カルダンの“泡の宮殿”の設計者!)、シャネアックと共に『成長する住宅協会』を設立、未来の住宅の研究と建設に挑戦した。

このドキュメンタリー映画の中でホイザーマンは、なぜUFOのような住宅をつくるのか? 未来の住宅とは一体どんなものなのか? 彼の考案する「ドモービル(可動住居)」とは一体何なのか? またインド・マドラスで手がけるUFO建築についてなど赤裸々に語る。また全編にわたり流れる建築思想と、UFO建築とも呼べる未来の住居の姿には、閉塞感が充満する今の世の中に、痛烈なカウンターパンチを浴びせる。建築ファンにも、60~70年代カルチャーに興味がある人にも強力にお薦めしたい、まさに衝撃のドキュメンタリー映画である。

http://www.nowondvd.net/products/bulle/

2003年の古い内容です。

この建築家のことは全く知らないのですが、ドキュメンタリー映像の雰囲気が良く、気に入っています。音楽がちょっと耳につくのですが、この映像の雰囲気が好きですね。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で住宅業界のインターネット成功戦略をフォローしよう!

 

以下、スポンサーリンク&PRです。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

この記事に興味を持った方はメルマガ登録をオススメします。

年間20棟未満の工務店経営者や、周りとは違う強みを出したい建築士の方へ、集客の仕組みを作るノウハウやマインド、ヒントになる考え方やお得な情報をお届けしています。

sem