子どもたちが賑やかになる住宅は必然と魅力的!

下記の映像は、IKEAのシンガポールで制作されたハロウィン用のCMです。

子どもがおもちゃの車に乗って、建物の中を走り回っています。その建物の中というのが、IKEAのお店の中なんですよね。

映像はホラーバージョンなので暗目の内容ですが、IKEAの空間は、子どもたちにとってみたら、ちょっとしたアトラクションのような感じで、走り回りたくなりますよね。

 

これって、集客にも繋がるヒントで、子どもの性格にもよりますが、

子どもたちがモデルハウスなどに入った瞬間、わーっと賑やかになるのは、本能的に「良さ」を感じているのかもしれません。子どもの五感は、大人よりもはるかに繊細で敏感ですからね。

魅力のない家は、不思議と子どもたちもおとなしかったりします(苦笑)

 

上記のCMはある映画のパロディ・・・

途中の水色のドレスを着たキャラは何?と思ってしまうかもしれませんが、これは、ある映画を元ネタにしたパロディなのです。

何の映画かわかりますでしょうか?30歳前後以上で映画好きな方ならわかると思います(笑)

 

元ネタは、

スティーヴン・キング原作、スタンリー・キューブリックが監督のホラー映画「シャイニング(Shining)」です。

ホラー映画「シャイニング(Shining)」と言えば、スティーヴン・キング原作の同名小説をスタンリー・キューブリックが映画化し、1980年に公開され話題となりました。(スティーブン・キング本人はキューブリックの演出に納得がいかず、後にドラマ版で自ら再映像化を試みたことも話題になりました。)

あらすじは・・・

ジャック・ニコルソン演じるジャック・トランスがホテルの支配人として雇われ、息子ダニーと妻ウエンディと共にオーバールック・ホテルへに移り住んだが、そのホテルで3人は恐ろしい体験をすることになる…。

というホラー映画なのです。ちなみにその映画の予告編です。

このカメラワーク好きだったなぁ・・・

 

参考記事

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で住宅業界のインターネット成功戦略をフォローしよう!

 

以下、スポンサーリンク&PRです。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

この記事に興味を持った方はメルマガ登録をオススメします。

年間20棟未満の工務店経営者や、周りとは違う強みを出したい建築士の方へ、集客の仕組みを作るノウハウやマインド、ヒントになる考え方やお得な情報をお届けしています。

sem