間違った先入観を壊して、信頼関係をつくる

この映像、興味深いです。

知らない外国人にHelloはやめましょう。

要点をまとめると、

・日本では「外国人=白人・アメリカ人・英語」というイメージが強い。
・英語は世界共通語だけど、ここは日本だから「こんにちは」と声を掛ける。
・もし声を掛けた外国人が英語が話せない場合、失礼かもしれない。
・知らないアメリカ人に「ニーハオ」と言われたらどんな気持ちになる?

観終えて「なるほど。そうだよなぁ」と思ってしまいました。

 

実際にこんなことを体験しています。

余談ですが、この映像を観て思い出したのが・・・

以前、タイ・バンコクに行った時、乗車したタクシーのタイ人の運転手から、ムスッとした感じで「Are you Korean ?」と言われたことがあります(笑)

「I’m Japanese.」と答えたら、態度が急変して、めちゃくちゃ陽気に話しかけてきたのを思い出します。降車時、地味にぼったくってきましたが(笑)

IMG_0780

やはり間違われると、ちょっとムッとしちゃいますね。

 

 

間違った知識を正してくれた人に対して、信頼性が生まれやすくなる

 

さて、本題に戻りますと、

この映像を観終わって感じたのが、この映像の出演者に対する信頼性が少し上がったことです。

 

彼の名前は、ボビージュード。福岡県・佐賀県を中心に活動しているローカルタレントです。

国際交流を目標にし、2009年から YouTubeのチャネルを初め、様々な動画やブログネタを公開。ネット上の活動から 2010 テレビレポーターとして デビュー。現在は テレビ、ラジオ、イベント、モデル、役者、観光ガイドなどで 活動中。

アメリカ、フロリダ出身のボビー。22歳で来日。佐賀県に辿り着き、日本語、日本文化、日本料理にハマり、1、2年の滞在のつもりが 現在 8年目となっています。自分の好きな日本を海外に紹介しつつ、日本で 地元のフロリダやアメリカの文化、そして 旅で体験した 色んな国の文化を日本で 紹介ができたらと思っています。

http://www.bobbyjudo.com/

上記の映像を観て、あれこれプラスに感じなければ、こうやって、名前やサイトを紹介することもないわけです。

 

あなたのその考え間違ってますよ。それは誤解ですよ。

このままだと損しますよ。

正しい考え方はこうなんですよ。こうすると損をしないですよ。(得しますよ。)

 

こういった流れは、良くも悪くも昔からよく使われる手法ですね(笑)

住宅業界でも使える手法です。参考ください。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で住宅業界のインターネット成功戦略をフォローしよう!

 

以下、スポンサーリンク&PRです。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

この記事に興味を持った方はメルマガ登録をオススメします。

年間20棟未満の工務店経営者や、周りとは違う強みを出したい建築士の方へ、集客の仕組みを作るノウハウやマインド、ヒントになる考え方やお得な情報をお届けしています。

sem