住宅も99%の人に見向きされなくても1%の人に惹かれたら勝ち!

日本で新設住宅着工戸数が一番少ないのは、鳥取県と言われています。年間で約2000棟ほどです。
ですが、そのたった1%、獲得するだけでも、年間約20棟になります。他の地域なら、同じ1%でも、もっと多くなります。

つまり、あなたの提案する住宅が、たとえ地域の99%の人に見向きされなくても、たった1%の人を惹きつけることができればいいのです。

 

たった1%を惹きつけるための「嫌われる勇気」

昨年末に出版された「嫌われる勇気」。

「すべての悩みは対人関係の悩みである」という、対人関係を主題にした自己啓発本ですが、人間関係の悩みをシンプルに解決し、“嫌われる勇気”を持ちながら自分らしく生きるための方法が話題となり、40万部を超えるベストセラーになってますね。
 

人生を一変させる新しい古典の誕生!
人はいま、この瞬間から幸せになれる。

なぜ、あなたはいつまでも変われないのか?
なぜ、あなたは劣等感を克服できないのか?
なぜ、あなたは幸せを実感できないのか?
なぜ、あなたは過去にとらわれてしまうのか?

―アドラーの幸福論がすべての悩みに答えを出します。

本書では、フロイト、ユングと並び「心理学の三大巨頭」と称されるアルフレッド・アドラーの思想(アドラー心理学)を、「青年と哲人の対話」という物語形式で紹介しています。欧米で絶大な支持を誇るアドラー心理学は、「どうすれば人は幸せに生きることができるか」という哲学的な問いに、きわめてシンプルかつ具体的な“答え”を提示します。この世界のひとつの真理とも言うべき、アドラーの「幸福論」はほかの誰でもないあなたが、あなたらしく生きていくためのヒントを与えてくれます。

公式ホームページから、P35まで無料で立ち読みができます。

 

なぜ「嫌われる勇気」が必要なの?

人からの好き嫌いにこだわりすぎると、他人に振り回されてしまい、人間関係のストレスや悩みを抱えやすいと言われています。

ですが、「嫌われる勇気」を持つと、こんなメリットを得られます。

  • 他人に振り回されないようになる
  • 人間関係の悩みで困ることが少なくなる
  • 日々の充足感が高まりやすくなる

 

「嫌われる勇気」で人間関係を良くする5つのポイント

  1. 他人からの評価を気にしない
  2. 自分の価値観をハッキリさせる
  3. 他人を変えようとしない
  4. 「今、ここ」を大切にする
  5. 自分と他人とを比較しない

著者の岸見一郎さん曰く、上記の5つが「嫌われる勇気」で人間関係を良くするポイントとのこと。

嫌われる勇気といのは、悪いことをして平気な心を持つという意味ではありません。本書に書かれているのは個人を対象とした啓発本ですが、ビジネスにも十分応用できますね。

まずは、価値観をハッキリさせることから始めてみてはいかがでしょうか。

 

あの建築家も実践されています。

建築家・谷尻誠さんのこの取材記事も似たようなことを話していますね。

暮らしを変えるのに必要なのは「いい人プレイ」をやめること。

暮らしを変えるのに必要なのは「いい人プレイ」をやめること。|greenz.jp

暮らしを変えるのに必要なのは「いい人プレイ」をやめること。建築家・谷尻誠さんに聞く、暮らしのつくりかた

 

おまけ

嫌われる勇気については、こちらも参考になりますよ。

img_63a3dcffa5e3c48f318a02ec3929a74072527

心理学者・アドラーの教えをわかりやすく説いた『嫌われる勇気』が大きな話題になっている。
一方、お笑いの世界でも近年、嫌われ芸人たちが大活躍している。
ゲスすぎる、ナルシスト、文化人気取り…色々なタイプの嫌われ芸人が、
世間に後ろ指を指されながらも力強く芸能界をサバイブしている。
どうすれば我々も「嫌われる勇気」を持つことができるのか?

彼らの生きざまからそれを学んでみよう!

“嫌われる勇気”ある芸人に学べ!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で住宅業界のインターネット成功戦略をフォローしよう!

 

以下、スポンサーリンク&PRです。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

この記事に興味を持った方はメルマガ登録をオススメします。

年間20棟未満の工務店経営者や、周りとは違う強みを出したい建築士の方へ、集客の仕組みを作るノウハウやマインド、ヒントになる考え方やお得な情報をお届けしています。

sem

2 件のコメント