なぜ工務店や設計事務所のホームページは無視されるのか?

一生懸命書いているのに、全然反応がないんだ・・・

タイトル ブラックジャックによろしく 著作者名  佐藤秀峰 サイト名 漫画 on web

タイトル ブラックジャックによろしく
著作者名 佐藤秀峰
サイト名 漫画 on web

 

あなたのホームページは無視されている?

ホームページやブログ、Facebookなど、

インターネットで情報発信しているのに、なかなか反応が得られない・・・

というお悩みを持つ工務店や設計事務所はとても多いです。

 

記事を一生懸命書いたのに、たいした反応がないのは、とても悲しいですよね。

ですが、それは本当に無視されているのでしょうか?

 

あなたの情報は、毎日増えていく情報で埋もれてしまう

インターネットの情報が頭角を現したことにより、情報は蓄積されていくため、

世の中に存在している情報量が、年々増え続けています。

なので、情報が削除されない限り、どんどん溜まっていきます。

 

さらに、若い世代はネットを通じてどんどん自分たちの情報を発信していきますし、

他の人も手軽に情報が発信できるため、情報量は増すばかりです。

 

こんな情報量の中で発信しても、見つけてもらえない!?

こんな状況の中で、安易に情報を発信しても、

多くの情報は、他の情報に埋もれてしまい、相手に見つけられることすらできなくなっています。

無視というより、見てもらう以前の話で、存在していないわけです。

もしかしたら、あなたが届けたいメッセージは、見つけられてもいないのかもしれません。

 

“見つけられる”ためのひと工夫が必要である!

やはり、インターネットで情報発信するなら、相手に見つけられるような工夫しましょう。

ただなんとなく情報を発信しただけなら、見られることなく、存在しないものになってしまいます。

見てもらいたい人(ターゲット層)に“見つけられる”ように工夫することが必要ですね。

では、その方法とは???

 

普段の生活の中でも、“見つけられる”ための方法は見つかる!

例えば、

  • あなたが見つけた情報は、なぜ見つけることができたのか?検索?広告?
  • 閲覧したホームページや読んでいるブログは、なぜ読むことになったのか?

たとえ偶然でも、あなたが見つけた情報には、“見つけられる”ための工夫がされています。

なので、その工夫を上手く盗んでみてください。

画像や文章、デザインは著作権がありますが、テクニックなどの工夫にはないですよね。

 

沢山の情報の中で見つけられるために、あなたができることは何なのか?

多くの情報の中から、”見つけられる”ための意識を持ってみることも必要ですね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で住宅業界のインターネット成功戦略をフォローしよう!

 

以下、スポンサーリンク&PRです。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

この記事に興味を持った方はメルマガ登録をオススメします。

年間20棟未満の工務店経営者や、周りとは違う強みを出したい建築士の方へ、集客の仕組みを作るノウハウやマインド、ヒントになる考え方やお得な情報をお届けしています。

sem