住宅の集客にSNSを使うことをすすめていない理由。

2011年の少し古い記事ですが、facebookやTwitterなどのSNSによる炎上被害で、SNSが嫌になる企業が増えているという記事です。

企業に広がる「SNS疲れ」

SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)疲れが広がっている。原因は、ツイッターなどでのつぶやきの相次ぐ“炎上”。マーケティング効果が実証されていないだけに、SNS離れが加速しかねない。

http://business.nikkeibp.co.jp/article/topics/20110915/222656/

記事の例は、飲食系が多いです。

花王、ベネッセコーポレーション、カゴメなど大手企業に対してソーシャルメディア活用について支援してきたエイベック研究所の方も、愛想をつかしています。

「ソーシャルメディアがすごいすごいと発言している方は、その多くが(ソーシャルメディア自体を収益源とするなどの事業を担っているがゆえの)ポジショントークです」と断じる。「やり方を間違えれば、企業にとって逆効果しか生みません」。

担当者が疲弊し、企業は炎上を恐れて不規則発言にあの手この手で目を光らせる。それだけの「コスト」をかけていながら多くの企業から異口同音に聞こえてくるのは、「ソーシャルメディアでどれだけ売り上げが増えたかという確証が得にくい」という指摘だ。

 

住宅の集客のためにSNSを使うことはすすめていない

上記の文にあるように、2011年当時、ポジショントークでfacebookを薦めている方は確かにいましたね(笑)

特殊な例を挙げて、あたかも再現性の高いノウハウかのように謳っていたりしますが、

SNSを集客で使おうとすると、手間が掛かり過ぎるので、割にあわないんですよね。

l_031

住宅業界でもまれに「facebookで集客できた」という方がいますが、再現性の高いノウハウじゃないんですよね。

特殊な人だったり、集客モデルがしっかりできていてfacebookじゃなくても上手くいったであろうというパターンです。

 

SNSは、集客というより、リアルで会ったお客さんとコミュニケーションを取るために繋がることに使う方が、再現性が高い方法だと思いますよ。

関連記事:工務店が誤解しているfacebook集客

 

 

SNSも所詮道具

facebookやTwitterなどのSNSも、単なる道具です。

なので、利用する能力が無いなら、

  1. 使い方を覚える
  2. 使わない

のどちらかを選ぶしかないですね。

道具であるがゆえ、個人で使いこなせてないのに、企業レベルで使いこなそうとするのは、やはり難しいですよね。

また、リアルな部分で上手くいってないことが、facebookやTwitterなどのソーシャルメディアを使ったからといって、上手くいくはずがないのです。

 

新しいツールはこれからも続々出てきますが、振り回されないように気をつけてくださいね(笑)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で住宅業界のインターネット成功戦略をフォローしよう!

 

以下、スポンサーリンク&PRです。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

この記事に興味を持った方はメルマガ登録をオススメします。

年間20棟未満の工務店経営者や、周りとは違う強みを出したい建築士の方へ、集客の仕組みを作るノウハウやマインド、ヒントになる考え方やお得な情報をお届けしています。

sem