住宅サイトのスマホ対応必須!Googleの検索結果に”スマホ対応”の表示!?

スマートフォンで Google の検索結果で出たサイトを閲覧した時、

表示されたページのテキストが細かすぎたり、リンクの表示が小さかったり、またはすべてのコンテンツを見るには横にスクロールしなければならなかったりといった経験はありませんか?

これは主に、WEBサイトがスマホの表示に最適化されていないことが原因です。この状態では、スマホユーザーの利便性を妨げることの原因になります。

Googleの検索結果に「スマホ対応」というラベルが追加される?

Google では、モバイル版の検索で、検索ユーザーが目的の情報をより簡単に見つけることができるようにするために、モバイル版の検索結果に [スマホ対応] というラベルを追加していくようです。

mobilefriendly

モバイル版の検索結果に [スマホ対応] の表示

この変更は、今後数週間で順次日本を含む世界中で公開する予定とのこと。

なので、

  • 携帯端末では一般的でないソフトウェア(Flash など)を使用している
  • ズームしないと判読できないテキストを使用している
  • ユーザーが横にスクロールしたりズームしたりする必要があるページ
  • リンク同士が近すぎて、目的のリンクを簡単に押せない。

といったサイトは、検索ユーザーのことを考えても親切ではないですよね。

ページがスマホ対応の条件を満たしているかどうかを確認

ページがスマホ対応の条件を満たしているかどうかを確認するには:

  1. モバイル フレンドリー テストでページを確認する。
  2. Google ウェブマスター ツールで [モバイル ユーザビリティ] レポートを確認する。

例えば、このサイトをモバイル フレンドリー テストで確認すると、

Awesome! This page is mobile-friendly.

Awesome! This page is mobile-friendly.で、モバイルフレンドリーなサイトのようです。

Google ウェブマスター ツールで [モバイル ユーザビリティ] レポートで確認をすると、

エラーは見つかりませんでした。

エラーは見つかりませんでした。

・・・と、問題ないようです。

この結果が、検索結果の表示順位にはまだ影響はないようですが、今後は反映されるかもしれません。

Google ではこのラベルを、モバイル ユーザーにさらに優れたモバイル ウェブ エクスペリエンスを提供するための第一歩と考えています。また、このモバイル フレンドリーの条件をランキング要素として使用することも実験中です。

検索ユーザーがモバイル フレンドリー ページを見つけやすくするために

とはいえ、適切なスマホ対応は、SEOとは関係なく、スマホユーザーのユーザビリティーの向上のために必要です。

スマホユーザーに優しいサイトを目指すべきですよね。それにより、リピートで閲覧する人も増えますよ。

  1. モバイル フレンドリー テストでページを確認する。
  2. Google ウェブマスター ツールで [モバイル ユーザビリティ] レポートを確認する。

ご自身のサイトで確認してみてはいかがでしょうか。

Googleの資料は、過去記事に書いたこちらも参考になりますよ。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で住宅業界のインターネット成功戦略をフォローしよう!

 

以下、スポンサーリンク&PRです。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

この記事に興味を持った方はメルマガ登録をオススメします。

年間20棟未満の工務店経営者や、周りとは違う強みを出したい建築士の方へ、集客の仕組みを作るノウハウやマインド、ヒントになる考え方やお得な情報をお届けしています。

sem

1 個のコメント