営業マン不要論はあっても、大工不要論はない!

営業マン不要論はあっても、
大工不要論はないです。

少人数で、工務店経営
されているところは、

営業マンはいなくて、
現場系の方で、

固めているところが
多いですよね。

そういうところには
朗報かもしれません。

きっとこれから、

縁の下の力持ちであった施工が、
ブランド化する時代が
やってきますよ。

施工品質を評価する「工務店グランプリ」

⇒ http://dtoac.com/blog/20141205/12762

一般の方でも、

技術の良し悪しを、
わかりやすく評価できるように
なってきたり、

男前大工として、

ちょっとしたタレント的な存在で、
注目を集めるようになってきたり・・・

⇒ http://dtoac.com/blog/20141204/12718

なので、

それに合わせて、伝える側も
上手く表現する必要があります。

やはり、ただ
技術の凄さや作業だけを
伝えたのでは、

性能が、機能が、といった、
モノと一緒になってしまいます。

その技術が、どのように、
新築の家に反映するのか?

そしてそれが、どのように
住む方のメリットになるのか?

こういったところまで、
掘り下げていくべきですよね。

しっかりとした施工技術を土台に、
マーケティングが加われば、

建築家がブランド化されたように、
施工家というブランディングが
出来てきますよね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で住宅業界のインターネット成功戦略をフォローしよう!

 

以下、スポンサーリンク&PRです。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

この記事に興味を持った方はメルマガ登録をオススメします。

年間20棟未満の工務店経営者や、周りとは違う強みを出したい建築士の方へ、集客の仕組みを作るノウハウやマインド、ヒントになる考え方やお得な情報をお届けしています。

sem