「日本のものだから・・・」だけではパンチ力が弱い?

昔、国産材を扱う事業をしていたので、
やはり日本の木材の活用には注目しています。

だから、こういうニュースには、
目が留まってしまいます。

————————————————–
丸太女子が吉野杉を購入!
⇒ http://dtoac.com/blog/20141218/13029
————————————————–

また、構造から勉強してきた方なので、
骨組みとかすごく気になります。

なので、

国産材を使った田の字型の、
きれいな構造は、
個人的には好きです。

でも、

日本の木材だから・・・というように、
モノを中心に話をしても、

なかなかお客さんの心には、
響きにくいのも事実です。

やはりここは、
住まい手目線が必要です。

”その素材を使うことで、暮らしに、
どのようなメリット(ベネフィット)があるか?”

このことを、

どれだけ具体的に、自分事として、
イメージさせることができるか?

がカギになってきます。

海外のものでも、
良いものは沢山あるので、

「日本のものだから・・・」
という理由だけでは
通用しなくなってきてますね。

海外の方には、
ジャパンブランドが有効ですけど、

日本に住んでいる日本人にしたら、
当たり前なので・・・

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で住宅業界のインターネット成功戦略をフォローしよう!

 

以下、スポンサーリンク&PRです。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

この記事に興味を持った方はメルマガ登録をオススメします。

年間20棟未満の工務店経営者や、周りとは違う強みを出したい建築士の方へ、集客の仕組みを作るノウハウやマインド、ヒントになる考え方やお得な情報をお届けしています。

sem