住宅動画をYoutubeで使うときの外せない3つのポイント

Youtubeと言えば「無料の動画共有サイト」であり、現在、運営している親会社はGoogleなので、Googleのアカウントさえ持っていれば、誰でも投稿できます。実際に、Youtubeに投稿されている動画は、ユーザーが投稿したものです。

Youtubeへの動画投稿は簡単にできますので、これから先、Youtubeに動画を投稿して、集客していく工務店や設計事務所は増えてきますね。これから先も住宅の仕事を続けていくのであれば、集客や関係性づくりに、動画を取り入れていくことは必要になってきます。

なので、住宅動画をYoutubeで使うときの外せない3つのポイントを紹介したいと思います。

youtube

 

ポイント1.見込み客を集めるために使う。

住宅の仕事にYoutubeを使う目的は、顧客獲得なのです。

なので、見込み客を自分のサイトやメルマガに誘導しましょう。また、信頼関係をつくるための内容を発信していきましょう。

Youtubeには、自身が投稿した動画に広告を表示させることができます。そして、その広告をクリックされると、広告収入が入るのですが、

住宅の仕事でYoutubeを使う場合、広告収入は狙わなくて構いません。チビチビ広告収入を狙い出すと、本来の目的を忘れてしまい上手く行かなくなります。

目的は、広告収入ではなく、見込み客を集めるためなのです。

 

ポイント2.撮影と編集はできる限り自社で行う。

住宅動画を集客に使うために大切なのは、映像のキレイさやカッコよさよりも、話の中身である”内容”です。

もちろん、キレイでかっこいい映像であることに越したことはありませんが、そこにこだわらなくても大丈夫です。

例えば、動画の撮影機材をプロ仕様で専門的なものを揃えると、数十万円、数百万円はくだらないでしょう。さらに、業者に頼むと、数分の短い動画の作成を依頼するだけでも、数万円の費用が必要になってしまいます。

正直な話、そこにお金をかける必要はまったくありません。

住宅動画で効果的に見込み客を集める場合、動画をたくさん投稿したほうがいいのです。その作業を毎回業者に依頼していたのでは、コストばかりが増えてしまいます。

なので、撮影と編集はできる限り自社で行うようにしましょう。スマホや動画撮影可能なデジカメ、低価格のホームビデオカメラで十分なのです。

また、自社で動画制作ができるようになると、プロモーションの幅が広がりますし、伝えたいことの情報量も増えます。さらには、素早い対応やイメージ通りの映像が作りやすいですので、

ポイントは、沢山の映像を制作する上でも、撮影と編集はできる限り自社で行うようにしましょう。

 

ポイント3.短い動画をたくさん作る。

YoutubeはGoogleが提供しているサービスなので、Youtubeに投稿した動画のタイトルや説明文が、Googleの検索結果に表示されます。

これが他の動画投稿サイトよりも、Youtubeをオススメする理由です。

文章のサイトと同じキーワードで検索されても、動画の方が上位に表示されるということがあり得るのです。

検索されることを意識して、キーワードを含めた動画をたくさんたくさん投稿しておけば、それだけ“見つけられる”可能性も増えます。

“見つけられる”ことに対しては、動画の長さは関係ないので、2,3分までの短い動画をたくさん投稿するようにしましょう。

ポイントは、検索を意識したタイトルと配信頻度です。

 

以上の3つが押さえておくべきポイントです。

  1. 見込み客を集めるために使う。
  2. 撮影と編集はできる限り自社で行う。
  3. 短い動画をたくさん作る。

動画はかんたんです。まずは一歩踏み出してみましょうね。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で住宅業界のインターネット成功戦略をフォローしよう!

 

以下、スポンサーリンク&PRです。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

この記事に興味を持った方はメルマガ登録をオススメします。

年間20棟未満の工務店経営者や、周りとは違う強みを出したい建築士の方へ、集客の仕組みを作るノウハウやマインド、ヒントになる考え方やお得な情報をお届けしています。

sem