受け取る側ではなく与える側として映像を使いこなす!

2006年の12月頃だったと思います。

某Mソフト社が開発したゲーム機、
「◯BOX」事業の日本の責任者だった方と
お会いする機会がありました。

「井内くん、最近知ったんだが、スゴイよこれ」

と紹介されたのが、Youtubeでした。
確かこの動画だったと思います。

⇒ http://youtu.be/6HytXpc_API
(そのゲーム機のゲームソフトですね。)

でも実は・・・井内はその前の
2006年の頭頃からYoutubeのことは
知ってたんです。

Youtubeは、

2005年12月から始まったサービスですが、
当時、ネットを使っていた若い世代には、
結構行き渡ってた情報でしたよ。

なので、見てました。

で、その方は続いてこんなことを
おっしゃったんですね。

「無料なんだぞ、こりゃ、宣伝の方法が変わるな」

つまり、新しい技術を
すぐにビジネスにつなげようと
発想していったわけです。

受け取る側ではなく与える側として、
映像サイトを捉えていたわけです。

当時の井内は、
「ただ知ってる」で止まってたんですね。
完全に受け手側だったんです。

で、その方が裏で動いている会社は、
その後、建築系の動画戦略に
いち早く取り組んでましたよ。

それがこちらです。
⇒ http://goo.gl/keHKPE

上記は制作会社に依頼した
本格的な動画制作ですが、

やはり行動って大事です。

もし動画を住宅集客に
使おうと考えているのでしたら、
まずはこちらをご覧ください。

ブログに書いてみました。

///////////////////////////////////////////////

はじめの一歩!住宅の集客に動画を取り組む3つのマインド
⇒ http://dtoac.com/blog/20150108/13633

住宅動画をYoutubeで使うときの外せない3つのポイント
⇒ http://dtoac.com/blog/20150109/13652

///////////////////////////////////////////////

では、またメールします。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で住宅業界のインターネット成功戦略をフォローしよう!

 

以下、スポンサーリンク&PRです。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

この記事に興味を持った方はメルマガ登録をオススメします。

年間20棟未満の工務店経営者や、周りとは違う強みを出したい建築士の方へ、集客の仕組みを作るノウハウやマインド、ヒントになる考え方やお得な情報をお届けしています。

sem