住宅というモノから生まれる体験を魅力的にする!

日本には、“世界一長持ちする乾電池”として、ギネスブックにも登録されている電池があります。

それが、パナソニックの乾電池「エボルタ」です。

世界No.1の長持ち性能と業界最長の使用推奨期限10年を実現し、「世界一長持ちする単3形アルカリ乾電池」としてギネス世界記録に認定されているのです。

main_evolta

パナソニックでは、その「長持ちする」という効果をわかりやすく伝えるために、「エボルタチャレンジ」というプロモーション企画が毎年開催しているのです。

2014年のチャレンジは、「乾電池99本で電車を走らせる」という企画にチャレンジして、見事に成功しています!

単1形乾電池エボルタ(99本)を動力源に、2009年に廃線になった、旧小坂鉄道小坂線内約8.5kmの区間走破を、総重量約1トンのオリジナル車両が有人走行に挑戦するという内容でした。

その時の映像がこちらから見ることができます。

2014年11月2日、秋田県大館市の旧小坂鉄道で行われた<廃線1日復活チャレンジ­>当日の様子です。子どもたちと、たくさんの人の思いを乗せて走るエボルタ号が、皆で­整備をした約8.5Kmの線路を走破する姿をご覧ください♪

映像を見ていただくとわかるのですが、途中、電車に「がんばれ~」って声掛けてるんですよ。冷静に考えたら頑張ることなんて出来ないモノなのに・・・

でも、この感性が人の心を動かすんですよね。

 

これまでのエボルタチャレンジ

ちなみにこのエボルタチャレンジ、これまでにも毎年下記のようなものがありました。

2014年:廃線1日復活チャレンジ

2014年11月2日、秋田県大館市(旧小坂鉄道廃線)にて、単1形乾電池エボルタ(99本)を動力源に、総重量約1トンのオリジナル車両が有人走行に挑戦!!

2014年11月2日、秋田県大館市(旧小坂鉄道廃線)にて、単1形乾電池エボルタ(99本)を動力源に、総重量約1トンのオリジナル車両が有人走行に挑戦!!

2013年:世界最長レール走破チャレンジ

たった1本の乾電池で世界最長レール約5.6kmを走破!

たった1本の乾電池で世界最長レール約5.6kmを走破!

2012年:乾電池エボルタ長持ち年越しチャレンジ

2012年12月、乾電池エボルタで、ノン・ストップで挑んだバーベル挙げのチャレンジは大成功!

2012年12月、乾電池エボルタで、ノン・ストップで挑んだバーベル挙げのチャレンジは大成功!

2011年:充電式エボルタトライアスロン

2011年10月、充電式エボルタ3本で、小さなロボットが昼夜ぶっ通しで挑んだ、ハワイ島約230km!!

2011年10月、充電式エボルタ3本で、小さなロボットが昼夜ぶっ通しで挑んだ、ハワイ島約230km!!

2010年:充電式エボルタ東海道五十三次

2010年9月、充電式エボルタで、東京→京都500kmの過酷なチャレンジを61日間で完全走破。

2010年9月、充電式エボルタで、東京→京都500kmの過酷なチャレンジを61日間で完全走破。

2008年:グランドキャニオンに挑戦

2008年5月、たった2本のEVOLTA乾電池を動力に、長もち実証ロボット「エボルタ」がグランドキャニオンの断崖絶壁に挑戦しました。

2008年5月、たった2本のEVOLTA乾電池を動力に、長もち実証ロボット「エボルタ」がグランドキャニオンの断崖絶壁に挑戦しました。

EVOLTAチャレンジ

 

モノだけを伝えるだけでは差別化しにくい時代

「長持ちする乾電池」と伝えただけでは、なかなかイメージはわきにくいかもしれませんが、このような目に見える形で表現すると、その乾電池の凄さがよくわかりますね。

世界一という肩書があるにも関わらず、そのモノの魅力を体験させ、顧客に伝える。

住宅業界にとっても、体験型プロモーションの良い参考例だと思いますので、ぜひ参考にしてみてください。

・・・(´-`).。oO(その内、パナホームも絡んでくるかなぁ???)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で住宅業界のインターネット成功戦略をフォローしよう!

 

以下、スポンサーリンク&PRです。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

この記事に興味を持った方はメルマガ登録をオススメします。

年間20棟未満の工務店経営者や、周りとは違う強みを出したい建築士の方へ、集客の仕組みを作るノウハウやマインド、ヒントになる考え方やお得な情報をお届けしています。

sem