「デザイン=設計」という定義をぶち壊そう!

ケンプラッツのケンセツ的視点のコラムが面白いです。

デザインビルド時代(4)自称「建築家」は不要

「デザイン=設計」という定義をぶち壊そう!

「デザイン=設計」という定義をぶち壊そう!

 カッコいいデザインだけでなく、省エネも構造も施工もコストも購買も納まりもわかる設計者なら面倒がない。たとえ設計者がわからなくても、組織としてワンストップで対応してくれ、アフターサービスも受けられるなら、発注者は安心だろう。こう考えると、設計者は設計事務所でなくてもいいような気がする。

工務店や住宅会社が、設計事務所では食べれなくなった方を、採用するケースも出てきてますからね。工務店側としてみたら、設計の経験を積んだ方を雇用できるので、結構ありがたかったり。社内設計だと施工しやすさが優先されるので、設計力って工務店ではなかなか培われないですしね。

 デザインビルド時代に設計事務所が生き残るには、びっくりさせるスキルを磨くだけでなく、建設会社や工務店には真似できないきめ細やかで透明性の高いサービスを提供する必要があると思う。そうでないと、よほどのビッグネームにならない限り、設計事務所の存在感は薄くなる一方だ。単に、設計できます、監理できます、申請できます、検査できます――だけではもう厳しい。

なんでもできる能力は魅力的だけど、売り方として「なんでもできます」は、全然魅力を感じないんですよね。なので、

  1. まずは、「ターゲットの絞り込み」や「商圏内の市場で何が求められているか」を捉える必要があります。
  2. さらに、競合がやっていないこと、競合に勝てることを見定めていく必要があります。
  3. その中で、自社の強みを活かす必要があります。

1に「市場(customer)」、2に「競合(competitor)」、3に「自社(company)」です。これがいわゆる戦略を組み立てていく、3C分析というものです。

 要するに「何をデザインするか?」ということではないだろうか。デザインの対象は建物の設計に限らない。ビルや都市インフラといった非住宅プロジェクトなら、資金調達、維持管理、運営、ブランディング、街づくりなどもデザインできる。住宅プロジェクトなら、住まい手のライフスタイルや暮らし方、子育て、教育、介護、資産運用などもデザインできる。

「デザイン=問題を解決すること」

と捉えています。そう捉えると、活躍できる範囲がぐんと増えます。それでも設計にこだわりたい方は苦しい思いをするのは間違いないですね。建築家にかぎらず、ものづくり系には、頑固で聞く耳を持たない自我の強い方は多いので、こんな風に指摘されても、我関せずです(笑)

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で住宅業界のインターネット成功戦略をフォローしよう!

 

以下、スポンサーリンク&PRです。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

この記事に興味を持った方はメルマガ登録をオススメします。

年間20棟未満の工務店経営者や、周りとは違う強みを出したい建築士の方へ、集客の仕組みを作るノウハウやマインド、ヒントになる考え方やお得な情報をお届けしています。

sem