ゼロから住宅の専門家になるなら自分メディアを育ててみよう!

何か調べるときや問題や悩みを解決したいとき、ネットを使う大半の人がGoogleやyahoo!などの検索エンジンで調べます。ネットで調べると、探している情報を発信をしている人のサイトに直ぐにたどり着くことが出来るからです。

こういった状況下の中では、軸となる“自分メディア”を持つことがとても効果的だということです。自分のメディアを通じて、情報発信していかなければ、見つけてもらえず、機会損失が発生しているのです。

メルマガでも、ブログでも、Facebookでも、youtubeでも、Twitterでも・・・・何でもいいので、何か軸になる「自分メディア」を持つことが、今後ますます重要になります。それが、あなたにとっての「資産」になるのです。

まずは、あれこれやるよりも、「軸」となるメディアに徹底的に絞り込んで、そのメディアを育てていくことです。もちろん、全てをやった方がいいですが、限られた時間の中で、全てのメディアに手を出すことは得策ではありません。まずは、「軸」を決めることがまず大切です。その方が圧倒的に早く成果が出ますよ。

 

自分メディアを育てた方が良い3つの理由

自分メディアを育てることは、自身のレベルアップにもいいですが、集客にも効果的です。

social-371648_640

理由1.行動や意識が向上する

情報をアウトプットするためには、情報のインプットが必要になり、日々の行動から意識が変わり始めます。

経営者が持っている情報に対しての敏感さが、普通の従業員でも身に付けることができるのです。情報に対しての敏感さだけでなく、感受性が高くなりやすいです。

 

理由2.情報や知識が集まってくる

情報を積極的に発信していると、不思議と情報が集まってきます。また、ジャンルを絞り込んだ発信をしていくと、その分野についてより詳しくなります。

これは、きっと理由1の行動や意識も影響していると思います。行動や意識がより絞られることで、濃い行動と意識になるのだと思われます。

 

理由3.見込み客に「初めて合った気がしない」と言われる

自分メディアで情報発信をし、さらにプロフィールもしっかりしていけば、自分のことを知ってもらえます。

その結果、初めて会う方でも、既に自分のことをなんとなく知っていてくれて、相手からすると初めて合った気がしない状態なのです。こういう状況下だと、こちらが寄り添えば、話も進みやすいのです。

リアルな場面に繋がるコミュニケーションツールとしても、自分メディアは役立つのです。

 

 

以上の3つの理由が、自分のメディアを持つことのメリットです。

あなたがどんなメディアを軸にしますか?

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で住宅業界のインターネット成功戦略をフォローしよう!

 

以下、スポンサーリンク&PRです。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

この記事に興味を持った方はメルマガ登録をオススメします。

年間20棟未満の工務店経営者や、周りとは違う強みを出したい建築士の方へ、集客の仕組みを作るノウハウやマインド、ヒントになる考え方やお得な情報をお届けしています。

sem