リハウスガールを選ぶ基準は住宅の集客に活かせられる?

ここ1ヶ月ほど、「リハウスガール」とか「三井のリハウスガール」などの検索で、このサイトに訪れる方が増えているようです。アクセスが増えている該当ページはこちら:15代目リハウスガールは誰?歴代のリハウスガール一覧

現在14代目を務めている、山本舞香さんは、2015年ブレイクしそうな若手女優として取り上げられていますね。こういったことも影響があるのでしょうか???

山本舞香は三井のリハウスガール出身。昨春、ローティーン誌「ニコラ」のモデルを卒業し、本格的に女優業にシフトしている。『暗殺教室』(3月21日公開)ではコミカルな演技を見せるので、新たなファンを獲得しそうだ。

広瀬すず、黒島結菜、山本舞香…可愛すぎるあの娘が2015年、確実にブレイク!?

 

リハウスガールを選ぶ基準って?

リハウスガールの戦略は、イメージ戦略として、悪く言えば、「ドロドロした不動産業界とは無縁の10才代半ばの少女をつかい、消費者に一定の清潔感を与え洗脳する。」という批判もあります。

とはいえ、冷静に分析すると、思春期の娘がいる父母に「娘が成長したため住み替える」というイメージをさせています。イメージする家族像が住み替えるから、私たちも住み替えようという促しなのです。なので、選ばれるリハウスガールには、中学生や女子高生役が多いですよね。ここ数代を見ると、雰囲気もなんとなく似てます。

 

タレントを使わないイメージ戦略

シーンをイメージをさせるって、すごく大事ですし、この手法は大手・中小関係ないです。なので、容姿端麗なタレントでなくても、イメージをさせることできます。

ターゲットにする家族層がイメージしやすい家族像は、

ターゲットにする家族(施主)

そのものなのです。

イメージ戦略として、共感できる点がたくさんつくろうとするなら、施主を上手く巻き込むべきですよ。もちろん施主も様々ですが、イメージにピッタリな方がいるなら、上手くえこひいきして、巻き込んだほうがいいですよ。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。







ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

あなたにしかできない世界観のある家づくりを始めよう!そして、家を楽しむことを提案しよう!建材メーカー主導のモノの価値を訴求する家づくりではなく、「暮らしをモノで豊かにしようするのではなく、暮らしを精神的に豊かにする。」そんな考え方です。