工務店マーケティングとは?設計事務所マーケティングとは?

工務店マーケティング、設計事務所マーケティング、建築マーケティング、住宅マーケティング・・・業種にマーケティングをつけると、なんとなく様になるというか、聞こえが良いんですよね。

マーケティングという言葉はよく使っていますが、抽象的な言葉なので、お互いの共通の言葉になっているか不安な時もあります。

 

マーケティングとは何?

マネジメントの父と称された世界最高の経営学者・ドラッカーは、次のように述べています。

2105087264_43409f69ed-288x300実のところ、販売とマーケティングは逆である。同じ意味ではないことはもちろん、補い合う部分さえない。もちろんなんらかの販売は必要である。だがマーケティングの理想は、販売を不要にすることである。マーケティングが目指すものは、顧客を理解し、製品とサービスを顧客に合わせ、おのずから売れるようにすることである。

ドラッカーの名言といえば、「優れたマーケティングはセールスを不要にする」です。セールスとマーケティングは真逆ということですね。

その「マーケティング」のプロセスをまとめたのが次の図です。

dr_essence_006
  1. 顧客の欲求を理解する
  2. 必要とする満足を提供する
  3. 買いたい気持ちになる
  4. 自然と売れるようになる

マーケティングとは(ドラッカー・エッセンス)

 

工務店がマーケティング業務を行うから工務店マーケティング

つまり、「マーケティング」とは、

欲求や不満を理解し、それに応え提供することで、購入したくなる衝動を起こさせる。

ということになりますね。セールスを掛ける手前の部分です。ここがしっかりしているとセールスが楽になるというも頷けますよね。その応え方や提供の具体的な方法に、チラシやらネットやら手法が存在するわけです。

なので、工務店マーケティングというのは、工務店が行うマーケティング。設計事務所マーケティングは、設計事務所が行うマーケティングということですね。ちなみに井内は、工務店も設計事務所含め、戸建て住宅に対するマーケティングを追求していますので、住宅マーケティングという言葉をよく使っています。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で住宅業界のインターネット成功戦略をフォローしよう!

 

以下、スポンサーリンク&PRです。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

この記事に興味を持った方はメルマガ登録をオススメします。

年間20棟未満の工務店経営者や、周りとは違う強みを出したい建築士の方へ、集客の仕組みを作るノウハウやマインド、ヒントになる考え方やお得な情報をお届けしています。

sem

1 個のコメント