コミュニティデザインに取り組む事務所で働ける!studio-Lが新規合流者を募集

「コミュニティデザイン」という言葉をよく耳にするようになったのは、山崎亮さんとその方が代表を務める事務所・studio-Lの影響は大きいですよね。

5389

山崎 亮 著

その事務所・studio-Lが、新規合流者を募集しています。

穂積製材所プロジェクト

穂積製材所プロジェクト

=募集要項=
【勤務地】
◎大阪府吹田市 studio-L OSAKA
◎山形県山形市 studio-L YAMAGATA
●広島県
●東京都
●その他

【人物像】
●おおむね35歳以下の男女
●実務経験3年以上
・デザイン(建築、都市計画、ランドスケープ、プロダクト、グラフィックなど)
・編集(雑誌、書籍など)
・映像企画・制作
・広告企画・制作

【スキル】
●独立した立場で仕事ができる
●人前で話すことが苦にならならず、明るく元気がある
●企画の立案、プロジェクトマネジメントができる
●精神的にも肉体的にもタフである(とても忙しい現場です)
●美しく幸せな社会を実現したいという熱意がある

【試用期間】
能力や経験にもよりますが、おおむね数ヶ月はインターン(無給)としての参加が基本になります。
※合流時期は早期が望ましいですが、相談の上決定します。
※応募はstudio-Lのホームページにある 問い合わせフォーム からお願いします。
http://www.studio-l.org/contact/

コミュニティデザイン=山崎さん

studio-L代表の山崎亮(やまざきりょう)さんと言えば、いろいろとメディアにも出演され、コミュニティデザイン=山崎さんというイメージが出来上がりましたね。

山崎亮(やまざきりょう)氏

山崎亮(やまざきりょう)氏

山崎亮(やまざきりょう)氏

山崎亮(やまざきりょう)氏

1973年愛知県生まれ。大阪府立大学農学部にて増田昇に師事(緑地計画工学専攻)。メルボルン工科大学環境デザイン学部にてジョン・バージェスに師事(ランドスケープアーキテクチュア専攻)。大阪府立大学大学院(地域生態工学専攻)修了後、 SEN環境計画室勤務。三宅祥介からデザイン、浅野房世からマネジメントを学び、2005年にstudio-Lを設立。地域の課題を地域に住む人たちが解決するためのコミュニティデザインに携わる。

まちづくりのワークショップ、住民参加型の総合計画づくり、建築やランドスケープのデザイ
ン、市民参加型のパークマネジメントなどに関するプロジェクトが多い。2006-2010年には(財)ひょうご震災記念21世紀研究機構(林敏彦研究室/中瀬勲研究会)にて中山間離島地域の集落について研究。2006-2013年には東京大学大学院工学系研究科にて大西隆に師事(都市工学科)。博士(工学)。技術士(建設部門)。

現在は、studio-L代表、東北芸術工科大学教授(コミュニティデザイン学科長)、京都造形芸術大学教授(空間演出デザイン学科長)、慶應義塾大学特別招聘教授。主な著書に『コミュニティデザイン(学芸出版社)』『ソーシャルデザイン・アトラス(鹿島出版会)』『コミュニティデザインの時代(中公新書)』『まちの幸福論(NHK出版)』などがある

そんな方の元での仕事ですから、すごくいい経験が積めそうですよね。

ただし、「稼げるか?」というと微妙です。募集要項にもありますが、「能力や経験にもよりますが、おおむね数ヶ月はインターン(無給)としての参加が基本になります。」ですから、あくまでも自身のレベルアップですね。

コミュニティというキーワードはこれからの暮らしには外せないですし、若い方ぜひ応募してみてはいかがでしょうか?

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で住宅業界のインターネット成功戦略をフォローしよう!

 

以下、スポンサーリンク&PRです。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

この記事に興味を持った方はメルマガ登録をオススメします。

年間20棟未満の工務店経営者や、周りとは違う強みを出したい建築士の方へ、集客の仕組みを作るノウハウやマインド、ヒントになる考え方やお得な情報をお届けしています。

sem