建築だけじゃない!住宅も意匠設計のセンスを磨くなら写真撮影は欠かせない。

1月23日から、建築家・丹下健三氏の写真展「TANGE BY TANGE 1949-1959/丹下健三が見た丹下健三」が、東京・乃木坂のTOTOギャラリー・間で始まっています。入場無料で3月28日まで。

http://www.toto.co.jp/gallerma/ex150123/

title_bar title_image

撮影された写真は、自身の建築だけでなく、桂離宮などの伝統建築や、外遊中に交流した海外の建築家たちの姿も含まれるようです。

なんだかこのポートレート、いいですね。

丹下健三ポートレート1953年頃撮影 撮影者不明 成城の自邸の工事現場を訪れた際に撮影されたもの。

丹下健三ポートレート1953年頃撮影 撮影者不明
成城の自邸の工事現場を訪れた際に撮影されたもの。

この写真展、ケンプラッツでも詳しく紹介されています。

藤森氏、隈氏も驚いた丹下健三氏の写真の腕

プロ顔負けの写真の腕を持つ建築家は多いが、「写真展」を開催する建築家となるとそう多くはない。まして亡くなってから10年もたって写真展が開かれるのは、おそらくこの人だけだろう。丹下健三氏が代表作の数々を自ら撮影した写真群を展示する「TANGE BY TANGE 1949-1959/丹下健三が見た丹下健三」が、東京・乃木坂のTOTOギャラリー・間で1月23日から始まった。会期は3月28日まで。入場無料だ。

いい意匠設計をする方って、やはり写真撮影センスも良かったりします。

設計事務所の方は自分で写真撮影をする方も多くいますが、工務店の設計担当者になると、ぐんと減ります。これが残念でしかたありません・・・

意匠設計に携わっている人は、写真撮影に取り組むべきですよ。構図というか見え方というか、センスが磨かれやすいのは間違いないですし。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で住宅業界のインターネット成功戦略をフォローしよう!

 

以下、スポンサーリンク&PRです。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

この記事に興味を持った方はメルマガ登録をオススメします。

年間20棟未満の工務店経営者や、周りとは違う強みを出したい建築士の方へ、集客の仕組みを作るノウハウやマインド、ヒントになる考え方やお得な情報をお届けしています。

sem