完成見学会などイベント時だけ、情報発信しても効果は薄い!

ブログの更新など、見込み客に対して情報発信しようと思うと、文章考えたり、写真を使うために選定したりと、けっこう手を取られてしまいます。だから、日常業務をこなしながらの情報発信が大変なことなのもわかります。

でも、皆同じ状況なんですよね・・・

だからこそ、手間暇掛けて、見込み客のためになることや、共感を生むこと、不安を取り除くことなどの情報を発信していったりすると、目を惹くことに繋がるわけです。

ですが・・・

そういった中で、すごくもったいないのが、見学会などのイベントの時だけ「見学会開催します!」というような記事(笑)これは、売り込みたい時にしか情報発信をしていないってことです。

kanseiblog

完成見学会などのイベント時だけ、情報発信しても効果は薄い

見学会などのイベントの数日前だけ、「見学会開催します!」というのは、宣伝くさくなって、なかなか受け止めてもらえません。

やはり、普段から少しでもコツコツ情報発信しておくことが大切です。いつも見込み客のための情報を発信している感が感じられることが必要ですね。そういうことをコツコツ発信して、見込み客と関係をつくることで、いざ集客したいと意気込む時に発信する情報の価値が、高まっていくわけです。

 

何を発信したらいいかのかわからない最大の原因は、ターゲットが明確になっていないから?

「そうはいっても何を発信していいかわからないんだよ」という場合は、もしかしたら、ターゲットにすべき相手が明確になっていないのかもしれません。

ターゲットが明確になっていないと、その方達が悩んでいることも検討がつかなくなります。もし、何を発信していいかわからない場合、ターゲットをもう一度、明確にしてみましょう。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で住宅業界のインターネット成功戦略をフォローしよう!

 

以下、スポンサーリンク&PRです。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

この記事に興味を持った方はメルマガ登録をオススメします。

年間20棟未満の工務店経営者や、周りとは違う強みを出したい建築士の方へ、集客の仕組みを作るノウハウやマインド、ヒントになる考え方やお得な情報をお届けしています。

sem