ダサい写真は入れ替えよう!

家の写真がダサい・・・

住まい関連で、
家の写真がダサいのは、
やはり致命傷ですね。

宿泊サイトで有名なAirbnbでも
昔、同じようなことがあったようです。

⇒ http://dtoac.com/blog/20150215/14592

「ユーザーに対して見える形で届いていなければ、ユーザーは何にお金を払っているのかわからない。」

まさにその通りですね。

良い住宅を建てているなら、
それを伝える義務が、
つくり手にはありますよ。

ふと、施主目線で思うのですが、
自分たちが住む家を、

かっこ良く、見栄え良く、
おしゃれに撮影してもらえたなら、
嬉しいと思うんです。

だから、

新規客に対してだけでなく、
住んでいる施主に対しても、

家の写真がダサいというのは、
致命傷ですね・・・

写真の入れ替え含め、

Airbnbが倒産直前から行った改善策が、
すごく参考になりますよ。

⇒ http://dtoac.com/blog/20150215/14592

住まい系の話なので、
腑に落ちやすいですね。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

あなたにしかできない世界観のある家づくりを始めよう!そして、家を楽しむことを提案しよう!建材メーカー主導のモノの価値を訴求する家づくりではなく、「暮らしをモノで豊かにしようするのではなく、暮らしを精神的に豊かにする。」そんな考え方です。