ようやく住宅でも電子認証を使った確認申請が受理される

ようやく住宅でも、電子認証を使った確認申請が受理されるようになったんですね。

電子認証を使った確認申請が初めて受理

指定確認検査機関の住宅性能評価センター(東京都新宿区)は2月2日、電子認証を使った確認申請を受理し、確認済み証を交付した。同社によれば、国内初という。インターネットで申請された物件は、4号建築物。東京23区内にある木造、2階建ての分譲住宅だった。

従来の確認申請と、電子認証を使った確認申請の比較。正本・副本の作成や、持ち込みのための時間と労力を省ける。事務所にいながら確認済み証を申請できる(資料:住宅性能評価センター)

従来の確認申請と、電子認証を使った確認申請の比較。正本・副本の作成や、持ち込みのための時間と労力を省ける。事務所にいながら確認済み証を申請できる(資料:住宅性能評価センター)

電子申請なら準備期間を約2日短縮可能

電子申請の大きなメリットが、準備期間の短縮だ。従来なら、正本や副本などを作成し、特定行政庁か確認検査機関に郵送、あるいは持ち込む必要があった。それだけで2日、地方で確認検査機関まで遠い場合には3日程度かかることもあった。それがインターネットであれば、図書の印刷から持ち込みまで不要となり、すべてパソコン上で作業ができる。

昔から、正本・副本などを作って、わざわざ検査機関に持って行っている様子を見ていて、なんだかムダが多いと思ってました(笑)

これって、仕事じゃないんですよね、、、作業ですよ。だから効率よく短縮して、仕事に時間を使ったほうがいいです。

 

 一方、電子申請の運用が本格的に始まったことで浮かび上がってきた課題もある。「電子認証(電子印)は企業などの団体でなく、個人で取得しなくてはならない。さらに取得するためには本人を証明する公的書類も必要で、電子印をつくるまでに時間がかかる」と宮田氏。しかも、申請者や設計者、工事監理者など押印した全員の電子証明書が必要となる。

とはいえ、個人での取得となると、取得に面倒臭がって、広まらなそう・・・まだまだ業界で一般的になるのは遠いのでしょうか・・・もっと効率よく簡略化してほしいですね。

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で住宅業界のインターネット成功戦略をフォローしよう!

 

以下、スポンサーリンク&PRです。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

この記事に興味を持った方はメルマガ登録をオススメします。

年間20棟未満の工務店経営者や、周りとは違う強みを出したい建築士の方へ、集客の仕組みを作るノウハウやマインド、ヒントになる考え方やお得な情報をお届けしています。

sem