日本の住宅の海外展開は、プレハブ住宅のノウハウが活きる!

日経ビジネスの特集、日系住宅メーカー・セキスイハウスの「シャーウッド」による、オーストラリアでの挑戦が面白いですね。

2008年に進出し、今では戸建住宅の販売は年500戸の規模になっているようです。

海外で「イエ」を売れ、動き出す最後の輸出財
現地でみた日系住宅メーカーの挑戦

p2

こういう流れに、プレハブ住宅は強いですね。

構法も、シャーウッドおなじみの積水ハウス独自の構法を採用しており、シドニー郊外の専用工場で木材のカットや穴開け、接合部金物の取り付けなどの加工を施し、加工済みの柱や梁を現場で組み立ててピンで固定しているとのこと。

加工は、ロボットを利用し、全自動で木材のカットや穴開けを施しています。日本の工場で使用しているロボットと同じモノを採用しているのでズレがないようです。また人件費を抑えられます。

また、扱う素材も適しているみたいですよ。

 工法だけではない。例えば、外壁材。豪州では9割の住宅がレンガ壁だ。しかし、シャーウッドでは日本で使用している外壁材をそのまま採用している。日本製の繊維セメント板外壁材で、汚れにくいセルフクリーニングのコーティングが施してある。また、湿気を排出して建物の構造部分の耐久性を高める効果もある。

工業製品としての素材の良さは、日本製で十分対応できるんですね。こんなところまで、日本の木材を持っていって建てるのは、やはり違いますからね(苦笑)

 

気になるお値段は・・・

2012年の時は1億~2億円。現在で5000万円前後。とのことです。

2012年にシャーウッドを一部の顧客に向けて販売している。現在のモデルよりかなり高額で、販売価格帯は約1億~2億円。キッチンや浴室、内装仕上げ材など、多くの製品を日本から輸入していたため、運搬費用などがかさんでしまったからだ。「全豪での展開を考えると高すぎる」(同社)と考え、こだわりの外壁材やドアなどの一部製品は日本から輸入しながらも、同等品質の商材を新たに採用し現在の価格(5000万円前後)まで落とした。

いい値段します(笑)

でも、プレハブ系の大手ハウスメーカーはどんどん海外進出して、市場を切り開いていってほしいです。地域工務店にできることではないので、行動する意味があると思っています。

正直、今の日本にはどんどん居場所がなくなると思っていますので・・・

 

プレハブ住宅の歴史はこちらの本を読むとよくわかりますよ。

箱の産業

箱の産業

過去記事:『箱の産業』を読んで住宅の歴史を知ろう!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で住宅業界のインターネット成功戦略をフォローしよう!

 

以下、スポンサーリンク&PRです。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

この記事に興味を持った方はメルマガ登録をオススメします。

年間20棟未満の工務店経営者や、周りとは違う強みを出したい建築士の方へ、集客の仕組みを作るノウハウやマインド、ヒントになる考え方やお得な情報をお届けしています。

sem