小屋はキットにして、学校の教材にしてほしい。

工務店や建築家が設計した、延べ床面積10平方メートル以下の「小屋」を注文することができるWebサイト「SuMiKa 小屋市場」が面白そうですね。

koya_headerImage

2015.02.03 15:00 六畳一間、フロなし、トイレなし、自由あり!? 「SuMiKa 小屋市場」本日2月3日(火)オープン!

株式会社SuMiKa(港区高輪、玉木 克弥 社長)は、家づくりをしたい生活者と専門家を結ぶウェブサービス「SuMiKa」内にて、本日2月3日(火)より、「SuMiKa 小屋市場」をオープンいたします。「SuMiKa 小屋市場」は、工務店や建築家が実際に設計した小屋を注文することができる、日本初の小屋販売仲介サイトです。

koya_mainImage_komoru koya_mainImage_gosui koya_mainImage_cobaco koya_mainImage_cstylehouse koya_mainImage_kisumu

 

こういう取り組みは面白いし、話題になりやすいですが・・・

たいていの方はこういう取り組みを「いいね!」「面白いね」なんて言うんですよ。だから作り手も変わったのを作ろうとするのですが・・・

でも、身銭切って住むか?と投げかけられたら、住まないんですよね(笑)やはり、「住」ではないんですよ。フロもトイレも無いですしね。「趣」って感じで、贅沢な大人のおもちゃです。

3坪ない広さに、約200万円+輸送費+工事費なら、今住んでいる一室をあれこれコーディネートした方が、よっぽど豊かな暮らしができそうです。

もし、こういう取り組みなら、基礎工事などが絡まないキットにして、届いた材料を元に、自分たちで組み立てられるような、おもちゃ感覚にしてほしいです。断熱だってボード系なら一般の方でも施工はしやすいでしょ。さらには、中学校の教材とかにしてほしいんですよね。いい勉強になると思いますし、面白がって皆で組み立てると思いますよ。

または、家の中に家をつくるような手軽さになれば、断熱材もいらないので、費用もリーズナブルになりそうですね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で住宅業界のインターネット成功戦略をフォローしよう!

 

以下、スポンサーリンク&PRです。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

この記事に興味を持った方はメルマガ登録をオススメします。

年間20棟未満の工務店経営者や、周りとは違う強みを出したい建築士の方へ、集客の仕組みを作るノウハウやマインド、ヒントになる考え方やお得な情報をお届けしています。

sem