住宅サイトのスマホ対応は4月21日がターニングポイント

以前、「住宅サイトのスマホ対応必須!Googleの検索結果に”スマホ対応”の表示!?」という記事で、スマホ対応しているWEBサイトには、検索結果に「スマホ対応」という表記がされるようになったことを書きました。

それが更に進化して、Googleが、WEBサイトのスマホ対応しているかどうかを、モバイル検索のランキング要因として使用することを発表したようですね。4月21日からの導入予定のようです。

Googleが検索アルゴリズムを変更、サイトのモバイル対応度をより重視

ウェブサイトのモバイル対応度が検索結果の表示順決定により大きく影響するようになる。とのことですので、スマホ対応しているWEBサイトを検索結果の上位に、対応していないサイトを下位に、表示するような流れになりそうですね。

導入を予定しているのは4月21日なので、今すぐ影響を及ぼすものではないですが、4月21日がターニングポイントになりそうです。

 

業者が煽ってくるので、振り回されないでほしい。

この辺の動きが明確になり、本格的に検索結果の表示要因になると、WEB業者の「検索結果に影響がでます!「スマホ対応」しませんか?」という営業文句が増えます。確実に増えます。

以前、「スマホのみユーザー急拡大!工務店はスマホサイト対応をどうするべき?」という記事内で、

するしないで考えたら、した方がいいのです。ですが、費用が掛かることですから、スマホ対応だけのためにリニューアルするのは得策ではありません。中身の充実さがあって、スマホ対応も活きてくるのです。

と書いています。

なぜなら、現時点で、スマホ対応できていないサイトは、検索結果でも上位には表示していないはずです。例え何かのキーワードで上位表示していたとしても、あまり結果がでていないのではないでしょうか?

だから、検索結果の順位がどうのこうを理由に、スマホ対応にリニューアルするということに、振り回されないでもいいと思っています。まずは、サイトの中身に目を向けてほしいですね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で住宅業界のインターネット成功戦略をフォローしよう!

 

以下、スポンサーリンク&PRです。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

この記事に興味を持った方はメルマガ登録をオススメします。

年間20棟未満の工務店経営者や、周りとは違う強みを出したい建築士の方へ、集客の仕組みを作るノウハウやマインド、ヒントになる考え方やお得な情報をお届けしています。

sem

1 個のコメント