本当に求めているものを捉える”施主目線”を身につける!

このところメルマガが、
告知ばかりになっていますが、
少しお付き合いください。

ブログは定期的に
更新していますので、
こちらもご覧ください。

⇒ http://dtoac.com/

昨日、

”平凡な営業マン2人で
年間20棟契約できる
その理由とは?”

という題名の、
メルマガを送りました。

これは会社員時代、
一緒に仕事をしていた
工務店の話で、実話です。

そういった数字的な裏付けも
コミュニティの良さを、
確信している理由ではありますが、

もうひとつ理由があります。

以前、メルマガでも書いた
”施主目線”を意識することになった
キッカケにもなっている出来事です。

それは・・・

会社員時代、
こんなことがありました。

日本のある島国に住む方から、
「私の地域でも◯◯の家は建てられますか?」
という電話での問い合わせがありました。

距離的なことから、一度、
他の方に断られたとのことでしたが、
諦めきれず、再度連絡された方で、

仕事で本国に訪れる都合に合わせて、
モデルハウスの見学も何回もされており、
熱狂的な方でした。

とはいえ、

いろいろなリスクを検討した結果、
お断りせざるを得なかったのですが、

せっかくの機会でしたので、
あれこれお話を聞かせてもらいました。

その時出てきた言葉に、
僕は、頭をカチ割られました・・・

「デザインや雰囲気も素敵なんですけど、
施主さんとの繋がりに私も加わりたくて・・・
そんなお家が建てられたらいいなぁって。」

そしてこの話を、

中の良かった施主さんの
何人かに話したら、
こんな返事が返ってきました。

「そうだね。デザインとか扱う素材も好きだけど、一番はそこだよね。」

「暮らしの価値観が合うと、居心地がいいよ。」

「大人になってから、価値観が合う友達が出来るっていいよね。」

・・・などなど。

簡単にまとめると・・・

自分たちが強みだと思っていた、
「デザイン」「素材」を通り越して、

施主は、魅力あるコミュニティに、
価値を感じていたということです。

正直な話、この出来事があるまで、
「コミュニティ」はオマケみたいなものと
捉えていました。

でも・・・

オシャレでいい素材を使った住宅
で留めていたら、

きっと、このことには、
気付かなかったことでしょう。

こういったことがキッカケで、

”施主目線”を保つためにも、

コミュニティに力を入れていったのは、
言うまでもありません。

——————————————-
本当に求めているものを捉える
”施主目線”を身につける、
コミュニティの作り方を学びませんか?

東京:2015年3月12日(木)
愛知:2015年3月17日(火)

コミュニティ集客セミナー
⇒ http://dtoac.com/comm/
——————————————-

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で住宅業界のインターネット成功戦略をフォローしよう!

 

以下、スポンサーリンク&PRです。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

この記事に興味を持った方はメルマガ登録をオススメします。

年間20棟未満の工務店経営者や、周りとは違う強みを出したい建築士の方へ、集客の仕組みを作るノウハウやマインド、ヒントになる考え方やお得な情報をお届けしています。

sem