住宅の仕事、大工の仕事もロボットに変わっていく?

2020年とか2025年とか色々と業界内でも先取り情報が騒がれてますが、こういう切り口って、何とも言えないですね。5年前、10年前を思い出して、今を予測出来てたか?と思うと、正直予測って難しいですよね。これだけ変化の早くて激しい時代ですし。

また、賢い人は、データの統計を読み取って、あれこれ予測しますが、相手は数字じゃなく、人間ですからね。意志や感情、考え方もあり、変化していきます。

実務をしている作り手にとっては、データからの統計的な数字から、あれこれ予測するよりも、目の前の施主から変化を感じ取ることのほうが、よっぽど大事だと感じています。

 

個人的には、

以前、「2020年になくなる工務店や設計事務所の仕事」という記事を書きましたが、この動画を見ていると、現場の簡単な仕事とか、将来なくなるんじゃないの?という気になりますね。

googleが買収した、ロボットの研究開発を手掛ける会社の、人型ロボットです。
まさに、ターミネーターですよね。

20090614_454818

動画を見ると、歩行や腕立て伏せ、階段を上ったり、それなりの段差を上ったり降りたり、穴を避けて渡ったり、足場の悪い岩場を歩いたり、バランスをとったりと、様々な動きをしていますね。

活用できるようになれば、危険な場所とかに使われていくんでしょうけど、最終的には、人手不足のところや単純な作業場にいたって不思議じゃないですね。

 

なんだか、手塚漫画をふと思い出しました(笑)

5.img068

こういう時代も面白そうです。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で住宅業界のインターネット成功戦略をフォローしよう!

 

以下、スポンサーリンク&PRです。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

この記事に興味を持った方はメルマガ登録をオススメします。

年間20棟未満の工務店経営者や、周りとは違う強みを出したい建築士の方へ、集客の仕組みを作るノウハウやマインド、ヒントになる考え方やお得な情報をお届けしています。

sem