住宅にも活かそう!自分を投影させる訴求力の高いJR SKI SKIのCM

ここ最近のCMで、すごく訴求力あるなぁと感じているのが、

JR SKI SKI

美人や可愛い女性を主役にした視点で描かれていて、「スキーに行くと、こんなことがあるよ。」っていうことをイメージさせてくれるCMです。

2014年度は、人気急上昇の広瀬すずさん。

 

2013年度は、川口春奈さん。

 

2012年度は、本田翼さん。

 

ターゲットがわかりやすい。

上記のCMを見ていただくとわかりやすいのですが、訴求先は、30代40代の既婚者ではないですし、50代以上でもないです。学生や20代の若い世代で、すでに男女間の付き合いがあったり、求めている方ですよね。ターゲットを明確にしているから、訴求する内容もわかりやすいですね。

JR SKISKIシリーズのこんな感じのCM、ここ最近だけなのかと思いきや、昔からやってます。でも、上記で紹介した2012年度からのここ最近のCMが群を抜いてます。

なぜなら・・・ストーリーがあるから。

ストーリーがないと訴求力は落ちる。

例えば、2006年度には木村カエラさん、1998年度には吉川ひなのさんを起用しているのですが、

ストーリーがあまり感じられないので、正直、パンチが弱いです。
まだ、1996年度の竹野内豊さんと江角マキコさんのCMの方が、訴求力高いですね。

ストーリーがあると、自分を投影させやすくなる。

2012年度~2014年度のCMは、ターゲットがはっきりした上で、ストーリーがあるので、
女性は自分を主役のヒロインに投影しやすいですし、男性はヒロインの相手役に投影しやすくなります。

誰しもが、自分の人生、自分が主役ですからね。

だから、カップルやグループで、一緒にスキーに行くことのベネフィットをイメージしやすくなり、行動を起こしやすくなるわけです。

こういった、ストーリーを伝え、投影させやすくし、イメージしてもらう手法は、住宅でも使えますよ。ストーリーの重要性、気にしてみてくださいね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で住宅業界のインターネット成功戦略をフォローしよう!

 

以下、スポンサーリンク&PRです。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

この記事に興味を持った方はメルマガ登録をオススメします。

年間20棟未満の工務店経営者や、周りとは違う強みを出したい建築士の方へ、集客の仕組みを作るノウハウやマインド、ヒントになる考え方やお得な情報をお届けしています。

sem

1 個のコメント