食べ物のシズル感を住宅でも表現してみよう!

食べ物の美味しさを表現する写真には、”シズル感”が絶対と言われています。

シズル感とは、

食欲や購買意欲を刺激するような食品の活きの良さや瑞々しさと言った「おいしそうな感じ」のこと。五感を刺激するような感覚のこと。

具体的には、例えば、

  • 肉・・・滴り落ちる肉汁、肉のジューシーさ、焦げ目、肉の焼ける音
  • 温かい料理、飲み物・・・食品から立ち上る湯気、焼ける煮える揚げる音
  • 冷たい料理、飲み物・・・食品まわりの冷気、表面の水滴、グラスに当たる氷の音
  • 果物、野菜・・・表面の水滴、切り口の水滴、切る音

などなど。こういったシズル感があると、見ているだけで、美味しさが伝わってきます。

過去記事:写真のチカラが集客に影響するのは飲食も住宅も同じ

unnamed

だから、高価なカメラだからといって、美味しい写真をとれるとは限らないわけです。

下記サイト↓で、美味しい写真の撮り方を解説してくれていますよ。
高級なカメラを買っても食べ物の写真は美味くならない。

 

食べ物のシズル感は、住宅でいう臨場感!

食べ物の美味しさを伝える表現方法に写真の撮り方が重要なように、住宅においても、写真での表現はすごく大事です。

下記サイト↓は、海外の不動産会社の話ですが、8ヶ月間売れなかった家の写真を変えたら、8日で売れたとのこと。
8ヶ月間売れなかった家。フォトグラファーが写真を変えたら”たった8日”で売れた!?

 

以前、「住宅の広告で伝えるべき臨場感!」という記事を書きましたが、食べ物でいうシズル感は、住宅における臨場感だと感じています。

臨場感とは、実際その場にいるかのような感じのことです。
その場にいるような感じを伝えられると、実際に住むイメージも湧きやすくなります。

参考記事:集客には”家族が住む”イメージが大事!

 

例えば、あまりにも人気(ひとけ)がなく、きれいすぎる写真よりも、人が入って、実際に暮らしている様子の写真の方が、より臨場感が伝わるのです。

だから、海外の不動産の例も、人気(ひとけ)のないきれいな写真に留まらず、人が入って実際に暮らしている様子を伝えていたら、もっと早く売れたかもしれませんね(笑)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で住宅業界のインターネット成功戦略をフォローしよう!

 

以下、スポンサーリンク&PRです。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

この記事に興味を持った方はメルマガ登録をオススメします。

年間20棟未満の工務店経営者や、周りとは違う強みを出したい建築士の方へ、集客の仕組みを作るノウハウやマインド、ヒントになる考え方やお得な情報をお届けしています。

sem