住宅を選ぶのは好みなのか?レベルなのか?

8月に北京で行われる陸上世界選手権のマラソン代表が発表され、その選考結果に納得いかない意見が多く、話題になっています。

11月の横浜国際マラソンに優勝した田中選手が落選し、批判や疑問の声が続出。田中選手は3つの選考レースで唯一、優勝したのですが….

 

この話題について、ワイドナショーでのダウンタウンの松本さんの意見が的を得ている気がします。

「好みを超えるレベルまでいかないとダメ」

waidna

松本は芸人仲間と飲んでいた時のことを「『笑いはレベルなのか、好みなのか』の話をたまにするんです」と思い返し、「そもそも、それが正しいのかも分からないですけど」と前置きしつつ、自身の見解を述べた。

松本の出した結論は「好みを超えるぐらいのレベルまで行かないとダメなんじゃないのか」。さらに、「そこの下ぐらいだと、やっぱり好みでわかれてしまうんじゃないですかね」と語り、女子マラソンの代表選考で意見が割れていることと「もしかしたら、それに近いのがあるのかも」と比較した。

松本人志、お笑いの評価基準に持論「好み超えるレベルまでいかないとダメ」

 

最終的に物事を決める大半は「好み」?

女子マラソンの選考基準には、優先順位というのがあるようです。

  1. 選考レースで日本人3位以内の競技者
  2. 設定タイム2時間22分30秒を満たした競技者
  3. 本大会で活躍が期待できる競技者

今回の選考候補者は、2の設定タイムをどなたも突破していない中で、3位以内の中から、本大会で活躍が期待できる方を選んだようです。

3なんて、ほとんど好みですね(笑)

つまり、数字など客観的に判断できなくなった時の決断って、大半は好みに陥ります。

 

住宅を選ぶ時も大半が好み!

予算という数字が決まったら、あれこれ選ぶのは好みが大きいですよね。
担当者がいい、雰囲気がいい、デザインがいい・・・
ほとんどが数字などの客観的には表せない部分ばかりです。

どこよりも圧倒的に安い価格とか、どこよりも圧倒的に性能がいいとか、それが実現できるならやっていただいたらいいのでしょうが、そういったものを目指すより、ターゲットとしているお客さんの好みをわかるようになる方がよっぽど、集客への近道ですよ。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で住宅業界のインターネット成功戦略をフォローしよう!

 

以下、スポンサーリンク&PRです。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

この記事に興味を持った方はメルマガ登録をオススメします。

年間20棟未満の工務店経営者や、周りとは違う強みを出したい建築士の方へ、集客の仕組みを作るノウハウやマインド、ヒントになる考え方やお得な情報をお届けしています。

sem