子供向け建築家本「ぼくは建築家ヤング・フランク」

子供向けの建築家本だと、「ル・コルビュジエ―建築家の仕事」の印象が強かったのですが、

 

先日、LIXILのブックギャラリーに立ち寄った時、ふと立ち読みしてしまった本がこちら。

「ぼくは建築家ヤング・フランク」

ニューヨーク近代美術館(MoMA)の『Young Frank, Architect』の邦訳とのこと。

 ヤング・フランクは建築家。同じく建築家のおじいさん、オールド・フランクと一緒に住んでいます。ある朝、ヤング・フランクがトイレットペーパーの芯でいすを作ったら、オールド・フランクが言いました。

〈建築家は、いすなんかつくらないと思うよ〉

つぎにヤング・フランクが本で超高層ビルをつくると、今度は〈ビルはまっすぐじゃないといけないよ〉。とうとうヤング・フランクは言います。

〈おじいちゃん、ぼく もう 建築家でいたいのかどうかわからないよ〉

2人のフランクは、本物の建築家の作品を見に、ニューヨーク近代美術館(MoMA)を訪ねることにしました。すると驚いたことにそこには…。

フランク・O・ゲーリーやフランク・ロイド・ライトの収蔵作が紹介される。〈建築家はみんなフランクっていう名前なの?〉というセリフにニヤリ。なにしろ作者もフランク。とにかくフランクと建築家だらけの本だけど、何げなく訳者を見ると、ここにも本物の建築家が!(フランク・ビバ作、まえじまみちこ、ばんしげる訳/西村書店・1500円+税)

児童書『ぼくは建築家ヤング・フランク』 フランクと建築家だらけ

子供向けでわかりやすかったです。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で住宅業界のインターネット成功戦略をフォローしよう!

 

以下、スポンサーリンク&PRです。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

この記事に興味を持った方はメルマガ登録をオススメします。

年間20棟未満の工務店経営者や、周りとは違う強みを出したい建築士の方へ、集客の仕組みを作るノウハウやマインド、ヒントになる考え方やお得な情報をお届けしています。

sem