天然素材を使ったデザイン畳「ヴォロノイ畳」

家から畳が少なくなったとはいえ、やはり一定層の人気があるので、じわじわと進化してきてますね。

アルゴリズムと伝統技術が実現する「ヴォロノイ畳」のカスタムデザイン

建築デザイン事務所「noiz」と宮城・石巻市の畳会社「草新舎」は、高度な職人技とコンピューターアルゴリズムの融合で、無数のデザインパターンをもつ畳を生み出した。彼らが目指すのは、オンラインで世界中から注文できるカスタム畳製作サーヴィスだ。

畳には人工素材と天然素材とありますが、人工素材だと、長方形だけでなく、菱形でも六角形でも、鋭角や曲線でも、さまざまな複雑な形状をつくることは可能になってきています。

加工しやすさだけでなく、価格の面でも普及しやすいので、最近では、ほとんどが人工素材が増えてきています。他には、和紙畳も増えてきており、天然のい草を使ったものは、ほとんど見かけなくなりました。

今回のこのデザインされる畳は、人工素材ではなく、加工が難しい天然素材を使っているとのこと。機械でこなせるところと、職人の手が必要なところを上手く使い分けているようです。

この畳の製作している草新舎は、

「低価格競争には興味はありません。大量生産ではないかたちで、質の高い製品をつくり続ける方法を探っていきたいのです」

とのことなので、価格はいい値段しそうです。ちなみに、この畳の試作品には、大分県国東市の「琉球表」を使用しているとのこと。

http://wired.jp/2015/04/03/tatami-algorithm/

02 04

本物×デザイン×日本・・・海外の富裕層が好みそうですね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で住宅業界のインターネット成功戦略をフォローしよう!

 

以下、スポンサーリンク&PRです。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

この記事に興味を持った方はメルマガ登録をオススメします。

年間20棟未満の工務店経営者や、周りとは違う強みを出したい建築士の方へ、集客の仕組みを作るノウハウやマインド、ヒントになる考え方やお得な情報をお届けしています。

sem