ありふれた家づくりノウハウ記事を効果的にするたった1つの方法

住宅系、家づくり系でもこういう系の記事は増えてきましたよね。

子どもがいてもオシャレな部屋に!「今すぐセンスUPできる」インテリアの裏ワザ5つ

「海外のお部屋みたいに素敵なインテリアで子育てしたい!」と思いつつも、実際はインテリアにかける時間もお金もなく、気づけばオムツグッズがむき出し、おもちゃも散らかり放題といった生活感丸出しの部屋で日々の育児に追われているのでは?

今回はそんなママに、パパッとお手軽に取り入れられるオシャレなお部屋作りのワザを5つご紹介します!

いわゆるノウハウ系です。

記事内では、

  1. デッドスペースを使って生活感を減らす
  2. 用途に合った照明を選ぶ
  3. マスキングテープで壁をデコレーション
  4. フェイクグリーンで部屋の印象をさわやかに
  5. ”ごちゃ入れ”BOXを作る

というトピックで取り上げられてますが・・・

ダメなわけではないですが、たいして画期的な内容ではないです(笑)というより、この手の内容は溢れ始めてきているので、画期的な内容にしようと思ってもなかなか難しいところです。

多分、この手のノウハウ系の記事は、段々効果が薄れてきます。なので・・・

 

効果的にするにはオリジナルに変えてみる!

ノウハウ情報を効果的にするなら、オリジナル要素を加えてみてください。

  • 例えば、自社の施工例からまとめてみてはいかがでしょうか?
  • 例えば、写真を自分たちのものに変えてみてはいかがでしょうか?

そういう時に必要な住宅の写真は、建物やキッチン、リビングなどのメインどころだけでなく、照明、インテリア、雑貨類などがすごく必要になってきます。そういった写真をおさめていますでしょうか?

こういった部分って、プロのカメラマンに頼んでも撮影しないんですよね。枚数が増えるので嫌がります。

もちろん、ある程度の写真の質は求められますので、
自分で撮る場合は、オンライン上で学べるサービスなどで、基本は押さえておきましょう。

写真の撮り方を動画で学べる無料のWebサービス・カメラの学校

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で住宅業界のインターネット成功戦略をフォローしよう!

 

以下、スポンサーリンク&PRです。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

この記事に興味を持った方はメルマガ登録をオススメします。

年間20棟未満の工務店経営者や、周りとは違う強みを出したい建築士の方へ、集客の仕組みを作るノウハウやマインド、ヒントになる考え方やお得な情報をお届けしています。

sem