子どもは全身で考える『伊東豊雄 子ども建築塾』

建築家の伊東豊雄さんと言えば、「子ども建築塾」という、小学校高学年の児童を対象に、一年を通して建築やまち、環境について考えるカリキュラムを提供しています。

塾に通う子供たちは1年の内、前半は家の図面の描き方や、模型作り、設計を学び、
後半は「まちの建築」までしてしまうとのこと。・・・結構、本格的ですね。

photo_c111

子ども建築塾

子ども建築塾 「 いえとまちって何 だろう?」

小学校高学年の児童を対象に、一年を通して建築やまち、環境について考えます。 前期は「いえ」をテーマに、図面の描き方、模型のつくり方、発表の仕方などを学びながら、一軒の「自然の ようないえ」を設計します。建築のかたち、空間、機能、スケールを学びながら、想像力あふれるいえの設計 を学びます。 後期は「まち」をテーマに、都内のまちを皆で歩きながら、まちの成り立ちや公共空間について考えます。実 際のまちなかに設定した敷地に「まちの建築」を設計し、最終的にはみんなでひとつのまちを完成させま す。まちの歴史や文化、地形や環境をふまえた上で、人が集まることによって生まれるにぎわいなど、都市全 体を広い視野から考えます。

建築って、主観と客観の両方を鍛えることができるので、その後どんな仕事に就こうが活かせると思っています。

その子ども建築塾で行われている講座を、写真やイラストで分かりやすくまとめた本がこちら。

『伊東豊雄 子ども建築塾』伊東豊雄・松村伸ほか著(LIXIL出版・2300円+税)

『伊東豊雄 子ども建築塾』伊東豊雄・松村伸ほか著(LIXIL出版・2300円+税)

「伊東さんだから、こういったことができる」というわけではないですよね。

子ども建築塾で教えている内容は、

  • いえって何だろう?
  • 自然のようないえはどんな感じ?
  • 模型って何だろう?
  • いえの模型づくりに挑戦しよう
  • いえのアイデアをまとめよう
  • まちって何だろう?
  • 敷地を探しに行こう
  • どんなまちの建築をつくる?
  • まちの建築の模型をつくろう

などの、すごくシンプルなテーマです。

子どもたちにわかりやすくしていて、実践するよう行動させてますね。

年間カリキュラム(予定)

年間カリキュラム(予定)

地域密着型を目指すなら、このようなカリキュラムを組んでみるのもいいですね。
まずは単発の企画から・・・

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で住宅業界のインターネット成功戦略をフォローしよう!

 

以下、スポンサーリンク&PRです。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

この記事に興味を持った方はメルマガ登録をオススメします。

年間20棟未満の工務店経営者や、周りとは違う強みを出したい建築士の方へ、集客の仕組みを作るノウハウやマインド、ヒントになる考え方やお得な情報をお届けしています。

sem