工務店がSEO対策する前に読んでほしい悪質SEO業者対策

今年3月の記事ですが、企業のマーケティングについてのアンケート結果が非常に興味深いですね。

住宅業界のマーケティングの参考になるのではないでしょうか?

企業のマーケティング担当者が、2014年もっとも効果があったと感じた施策は「SEO」

企業のマーケティング担当者を対象にアンケートを行ったところ、中小企業のマーケティングや販促の最大の課題は「リソース不足」、大企業では「実施した施策の効果検証ができていない」であることが、明らかになった。ソウルドアウトの調査。

まず、中小企業のマーケティング担当者が抱える一番の課題は

  • 時間
  • 人員
  • 予算

の不足のようですね。この辺は、工務店でも同じ悩みではないでしょうか。

中小企業のマーケティング担当者の課題

中小企業のマーケティング担当者の課題

 

そして、効果の部分ではSEOが注目されています。

世間で「コンテンツマーケティング」「オウンドメディア」などという言葉が飛び交っていますので、最近、SEOに注目している工務店は多くなってきた気がします。

2014年に実施したマーケティング・販促施策のうち、最も効果があった施策/2015年に実施予定のマーケティング・販促施策

2014年に実施したマーケティング・販促施策のうち、最も効果があった施策/2015年に実施予定のマーケティング・販促施策

ただ、適した人材もおらず、自分で勉強する時間もない・・・
そんな中で、この手法がいいのでは?と思ってしまう・・・

となると、大半の工務店は外注しようと考えるわけです。

 

すると・・・そこに目をつけたブラック業者、特にヤバいSEO業者がやってくるのです。

MAX_blackpugya-20150207114045500-thumb-1381x1000-12094
  • 検索結果1位表示を夢見させて、そそのかせる
  • 自分の成果が最優先な営業マン。実は歩合制の契約社員だったり。
  • クレームがでたら、営業では対応せず、クレーム受付窓口へ
  • クレーム受付窓口では、上手くのせてきて、違うサービスを提案

そんなヤバい業者です。電話、メール、FAXなどで、す~っと近寄ってきます。

 

ヤバい業者の見分け方

ダマされるベタなパターンの話として、こちらのサイトが漫画形式で説明してくれていますよ。

ヤバいSEO業者ってどうやって見分ければいいの? SEOコンサルタント辻正浩さんと日西愛さんに聞いてきた | Webのコト、教えてホシイの! | Web担当者Forum

hoshii28_01

SEOを勉強している人が、リンク販売業者(ヤバいSEO業者)の電話に上手くのせられて購入。検索順位が上がるとウキウキしてたら、周りから「今まで何を勉強してきたんですか?」とがっかりされます。そして、解約の電話をすると違約金として50万円請求されるという、SEOではよく聞くお話です。

 

それをリアルに体験した方のブログ

最近、ネットで話題になっているのが、Tシャツを制作販売している会社のお話です。
SEO業者に35万円払ったが、散々な結果だった・・・という内容です。

SEO業者に35万円払ったが、最悪な結果となったのでブログをはじめました。本当にありがとうございました。

  • 選定してきたキーワードがむちゃくちゃ
  • SEO対策用の文章の文脈が支離滅裂
  • トラフィックの無いゴミサイトからのリンク
  • あると思ってた被リンクが無い

などの被害を受けてらっしゃいます。

そんな経験を経た上での、最後のまとめの文章が的を得ています。

  • SEO対策については、片手間に、あるいは中途半端な予算で、効果が期待できるものでは無い。
  • 知識や経験はある程度必要。
  • しっかりとサイト(サービス)に向き合う必要がある。
  • 自社サービスの内容を把握していない、外部の業者に委託する以上は、それ相応の予算と覚悟を決めるべき。
  • 対策にお金を掛けたくないのであれば、手間を惜しまずに良質な記事を書く
  • 電話やメールやFAXでの営業は、ほぼスルーしていい。

やはりSEOは、正しい知識と経験を身に付け、手間を惜しまずに良質な記事を書くということが、最もな近道ですね。
営業は”ほぼ”ではなく、全部無視していいです(笑)

 

実は、SEOのことを全て理解していない!?

SEO業者もWEB制作会社もですが、SEOのことを全て理解していません。

なぜなら、業界で「SEOの神」と呼ばれるほどの実力者でさえも、昨今のグーグルにおける順位変動やアルゴリズムの分析は難しいようです。
そんな状況下なわけですから、いち会社のいち社員が全てを把握しているわけがないのです。

さらには、WEBサイトの設定が正しくできていれば、
手間を惜しまずに良質な記事を書くことを続ける。
ことが最初の1歩ですよ。

それが出来てもいないうちから、「被リンクがどう」だとか外注することは必要ないのです。

 

SEOの結果は、正しい方向で正しい努力をし続けたその恩恵

ただ、「手間を惜しまずに良質な記事を書くことを続ける。」という”継続”って、頭ではわかっていても、行動出来ない人がほとんどなんですよね。

だからこそ、SEOで得られる上位表示は、

  • 正しい方向(WEBサイトの適切な設定)で、
  • 正しい努力をし続けた(手間を惜しまず、継続して良質な記事を書いた)、

その恩恵だと思っています。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で住宅業界のインターネット成功戦略をフォローしよう!

 

以下、スポンサーリンク&PRです。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

この記事に興味を持った方はメルマガ登録をオススメします。

年間20棟未満の工務店経営者や、周りとは違う強みを出したい建築士の方へ、集客の仕組みを作るノウハウやマインド、ヒントになる考え方やお得な情報をお届けしています。

sem