派遣の現場監督に自分の家を監理してほしくない!

「派遣の現場監督」という方には出会ったことないですが、実際にいるのでしょうか?ゼネコンに多いのでしょうか?

「工期を見た進行管理」「現場の安全」「品質管理」などを確認する仕事が、未経験者から研修2週間の人が担当に・・・って、いくら人手不足だからといって、こんな人に自分の家を監理されてほしくないですね(笑)

wysiwyg_gmd_5b840bfbdf39f74f6165

建築現場の人手不足が深刻! 「現場監督の派遣業」その実態に迫る

現在、不動産業界・建築業界では、施工の現場で深刻な人手不足に陥っています。実際に手を動かす職人さんの数も足りないのですが、現場監督となる人も足りないというのです。そこで、「現場監督の速成」を行って現場に派遣するという業務まで出現しています。

<中略>

「工期を見た進行管理」「現場の安全」「品質管理」などを確認する仕事ですから、なかなかの重責といえるでしょう。バカな筆者などは、速成で大丈夫なのかしらなどと思うのですが……。現場では、そんなこと言ってる場合じゃない! なのでしょうか。

 

現場監督には性根が腐った嫌味な方が多い?

現場監督は、「現場の良し悪しは監督で決まる」と言われるくらい大事なポジションなんですが、個人的な偏見では、現場監督には性根が腐った嫌味な方が多い気がします(笑)もちろん、すばらしい監督もいますけど、過去出会った方、8割方そうでしたね。実力は別にして、性格の悪さがにじみ出ているという・・・

会社と職人の間に挟まれて、激務に追われて嫌味なっていくのか、嫌味で図太い人が生き残っていくのか・・・

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で住宅業界のインターネット成功戦略をフォローしよう!

 

以下、スポンサーリンク&PRです。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

この記事に興味を持った方はメルマガ登録をオススメします。

年間20棟未満の工務店経営者や、周りとは違う強みを出したい建築士の方へ、集客の仕組みを作るノウハウやマインド、ヒントになる考え方やお得な情報をお届けしています。

sem