住宅で見落とされがちな”暮らしの香り”という嗅覚への訴求

住宅の中で、意外と見落とされがちなのが、匂いや香りなどの嗅覚への訴求です。
元々、五感(目・鼻・口・耳・肌)に訴えて、価値を伝えようということは、言われてきていることですよね。

スギやヒノキなどの木材の香りや、しっくいなどの匂いなど、この辺りは、
実体験をしてもらえないと伝えにくいため、なかなか訴求しにくいのですが・・・

このようなアイテムを使って、暮らしの香りを届けるのも良さそうですね。
電気も火も使わない、国産ひのきアロマというのがあるのは、初めて知りました。

佐賀の木工所で手作り!電気も火も使わないお手軽 国産ひのきアロマ「hum desk aroma」

佐賀の木工所で手作り!電気も火も使わないお手軽
国産ひのきアロマ「hum desk aroma」

実は、個人的には、ヒノキの香りは苦手なのですが・・・

家や暮らしの匂いや香り

家や暮らしの匂いや香りって、すごい大事だと思っています。暮らしの心地よさを演出する、ひとつの要素ですよね。

施主に対して、どのくらい伝えられているでしょうか?手段として、チラシやホームページでは直接届けられないのは、残念でなりませんね。

心地良い匂いや香りって、人それぞれ好みは違うでしょうから、その人のライフスタイルに合った匂いや香りを演出するのもいいですね。リビングにはこれ、寝室にはこれ・・・

ちなみに、逆にひどい臭いだと、住みたくなくなる気持ちが強くなるんですよね。

以前、仕事で建売住宅の見学をした時、中に入った瞬間、安いパイン材のツンとした臭いが鼻につき、居心地が悪かった覚えがあります。案の定、なかなか売れず、臭いが落ち着いた頃に売れたのを覚えています。(売れなかった理由はそれだけではないんでしょうが・・・)

嗅覚への訴求って大事ですね。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。







ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

あなたにしかできない世界観のある家づくりを始めよう!そして、家を楽しむことを提案しよう!建材メーカー主導のモノの価値を訴求する家づくりではなく、「暮らしをモノで豊かにしようするのではなく、暮らしを精神的に豊かにする。」そんな考え方です。