住宅の集客には紙で集客?WEBで集客?両方大事でしょ。

住宅の集客方法の媒体として、大きな軸になるのは、

  • WEB

です。紙はチラシがメインになりますね。WEBはホームページから集客というのがメインですね。

最近は、ネットが普及して、紙を使わない傾向も強いですが、
やはり、紙にもWEBにも、それぞれにメリット、デメリットがありますよ。

kamiweb

 

紙とWEBのメリット・デメリット

  メリット デメリット
  • 持ち運びができる
  • デザインの幅が広い
  • 紙質を変えて高級感を出せる
  • IT技術がなくても制作できる
  • 情報に信頼性がでやすい
  • 直接、自宅に届けることができる
  • 紛失の可能性
  • 配信コストが高い
  • 情報量に制限がある
  • 修正、更新ができない
  • 動きを表現できない
  • 次の検索に繋がりにくい
  • 不要だとゴミ扱い
WEB
  • 場所によらず見れる
  • リアルタイムで修正、更新が可能
  • 配信コストが低い
  • 検索から意欲の高い人が来る
  • 動きを表現することもできる
  • 情報量に制限がない
  • デバイス(PC、スマホなど)に依存する
  • ネットが繋がらないと見れない
  • ある程度のITスキルが必要
  • 他の情報に埋もれやすい
  • 内容の信憑性を問われる
  • いつの間にかサイトが消えている

メリット、デメリット、まだまだあるでしょうが、
紙とWEBでは、伝えるチカラは微妙に違うので、上手く組み合わせることで、お互いに保管し合いますよね。

つまり、

紙からWebだけでなく、Webから紙への誘導

も必要なわけです。

もちろん、読み手に「面倒臭い」と思われるとダメなので、手間が掛かっても、読み手が得られるメリットをどれだけ提供できるかが鍵になりますね。

紙もWEBも活用しているのに、あまり効果が出ていない場合は、

  • 見込み客に提供すべき価値は何?
  • 見込み客に最適なメディアは何?

を見直す必要があります。

紙とWEBの両方で、見込み客との接触頻度を高めて、良い関係性をつくることに努めたいですね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で住宅業界のインターネット成功戦略をフォローしよう!

 

以下、スポンサーリンク&PRです。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

この記事に興味を持った方はメルマガ登録をオススメします。

年間20棟未満の工務店経営者や、周りとは違う強みを出したい建築士の方へ、集客の仕組みを作るノウハウやマインド、ヒントになる考え方やお得な情報をお届けしています。

sem