機能性表示から学んで、住宅広告の表現も見直そう。

4月から機能性表示が解禁されているのですが、食品業界にとってはビックチャンスですよね。

”機能性表示”を簡単に説明すると、病気への効果はうたえないのですが、「目が良くなる」「肌が綺麗になる」といった、体の部位への健康維持や増進について、今までだと過大広告と見なされる文言を、商品パッケージなどに用いることが可能になるのです。

新・食品機能性表示制度の3つのポイント

  1. 体のどこの部位にいいかわかりやすい
  2. 野菜、魚など生鮮食品にも機能性が表示される
  3. 機能性表示の根拠となるデータが確認できる

 

もちろん、住宅業界には関係ありません。

食品の話なので、住宅業界には関係ないのですが・・・

「目が良くなる」「肌が綺麗になる」「血管の健康維持に役立つ」というような表現を、これまで使いたくても使えなかった、食品メーカー、通販会社、原料メーカーが、目の色を変えて取り組んでいます。

なぜなら、その商品がもたらすメリットやベネフィットを、よりわかりやすく消費者に伝えることができ、販売促進になるからです。

また、特定保健用食品(トクホ)に比べ、申請も早くて簡単なようなので、中小企業でもどんどん取り入れてくるでしょうね。そうなると、いろいろな商品で、メッセージを目にすることが多くなると思います。

すでに、

  • 「血中中性脂肪や血糖値の上昇をおだやかにすると報告されている」とうたうノンアルコール飲料、
  • 「肌の水分保持に役立ち、乾燥を緩和する機能があると報告されている」とするサプリメント、
  • 「目の使用による肩・首筋への負担を和らげます」というサプリメント

などが受理されているようです。

 

この辺で住宅の表現の質も高めませんか?

その商品の機能や性能がもたらすメリットやベネフィットを、よりわかりやすく、より具体的に、消費者に伝えることは、住宅業界にも必要なことです。

  • 断熱性が優れている ⇒ だから? ⇒
  • 耐震性に優れている ⇒ だから? ⇒
  • デザイン性が高い ⇒ だから? ⇒
  • 自然素材を使っている ⇒ だから? ⇒
  • 太陽光発電パネルを使う ⇒ だから? ⇒
  • エコキュート、エネファームを使う ⇒ だから? ⇒

などなど、商品の機能訴求が多い住宅業界ですから、ちょっと見直すだけで、見込み客に届く魅力的な表現になりますよ。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で住宅業界のインターネット成功戦略をフォローしよう!

 

以下、スポンサーリンク&PRです。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

この記事に興味を持った方はメルマガ登録をオススメします。

年間20棟未満の工務店経営者や、周りとは違う強みを出したい建築士の方へ、集客の仕組みを作るノウハウやマインド、ヒントになる考え方やお得な情報をお届けしています。

sem