なぜ、住宅の集客に文章力が必要なのか?

住宅の集客には、文章のチカラというのが大きく影響してきます。

集客のための文章というと、キャッチコピーやコピーライティングなどが挙げられますが、それらも含めた文章力です。

建てている家のことを認知されるのも、お客さんの方からアプローチしてくれるようになるのも、文章のチカラが影響しているのです。

write

 

全ての集客方法が文章に依存している。

集客方法の全てが文章に依存をしています。

ホームページ、ネット広告、チラシ、ブログ、メルマガなどはもちろんのこと、実は、写真や映像にしても、構図や構成というシナリオは文章で考えるものなので、文章のチカラが影響しています。

様々な集客方法を実践した上で言えるのは、ネット集客の方法としては、
新規客をブログで集め、信頼関係をブログ&メルマガでつくっていく
のが、一番まとまりやすいやり方だと感じています。(たいしてお金を掛けずにすぐできるということです。)

これらもやはり、文章のチカラが大きく影響してきます。

 

レベルの低い文章では集客できない

すでに、ブログをやっている工務店・設計事務所は多いですよね。

よく言われているのは、家づくりに関するノウハウ・知識・技術を、情報として提供するものです。これらのノウハウ情報は人が集まりやすく、プロとしての信頼性をアピールできるため、集客には効果的です。

しかし・・・

最近では、家づくりに関する情報は溢れており、ライバルが多すぎます。大手も参入してきてますし、ポータルサイトの運営会社もチカラをいれてきています。

なので、家づくりに精通している人ならまだしも、飛び抜けた知識・技術・経験なしで、ノウハウ系の情報を発信しても、集客できないわけです。

レベルが低い状態では、同じことをやっても、差別化しにくい。
つまり、集客できにくいのです。

 

仕事の可視化と人の露出

簡単に差別化する手法としては、

  1. やっている仕事の見える化
  2. 人の露出

です。

 

【1.やっている仕事の見える化】

顧客目線・見込み客目線で考えると、実は普段の仕事の状況を伝えていくことも必要ですよね。

  • どんな風に家が建っていくのか?
  • プランを考えるにあたって、こんなことを考えている。
  • この作業は、できあがる家に対してどんな効果をもたらすのか?
  • イベントや見学会の様子はどうだったのか?

など、普段の仕事の様子を伝えるだけで、十分な差別化になります。

同じような仕事をしているようで、会社によってやり方は違ったりするので、いい仕事をしているなら、自然と差別化できるんですよ。

 

【2.人の露出】

最後は人と言われるぐらい、どんなに建てている家が良くても「携わる人」が嫌いだったら、頼みません。

なので、情報を発信するあなたは、人が商品という考えを持ってほしいのです。「この人達と家づくりしたら楽しそう」と思わせることが必要なのです。

人間性やキャラクターもそうですが、もしあなたが家のことを勉強中の身なら、その勉強している中身を伝えたっていいわけです。

同じ人間はひとりとしていないわけですから。人の魅力は、それだけで十分な差別化です。

 

上記2つを心掛けるだけで、十分な差別化に繋がります。

なぜなら、大手やポータルサイト運営会社にはできないことだからです。

ただし、気を付けたいのは、ただの日記になってはいけないということです。必要なのは、自分たちがターゲットにしている、これから家を建てようと思う人にとって、価値がある内容です。

これからは、住宅会社だからといって、家づくりノウハウばかり発信していってたら、よほどでないかぎり、他社に埋もれ、集客につながることはないかもしれません。

どんなに施主目線で顧客重視していても、結果的には選ばれるのは1社です。他社との差別化は、避けたくても避けられないのです。

なので、日々書くことによって、文章のチカラをつけていきましょう。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で住宅業界のインターネット成功戦略をフォローしよう!

 

以下、スポンサーリンク&PRです。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

この記事に興味を持った方はメルマガ登録をオススメします。

年間20棟未満の工務店経営者や、周りとは違う強みを出したい建築士の方へ、集客の仕組みを作るノウハウやマインド、ヒントになる考え方やお得な情報をお届けしています。

sem

1 個のコメント