”塗る”ことは暮らしを変えるキッカケになる。

新築も中古も含め、住宅業界でDIYが浸透しつつありますが、DIYの中で、一番簡単で取り掛かりやすいのが、「塗る」という行為です。
室内、外壁、木材など、ペンキに限らず、様々な材料で塗ることができます。

海外には、塗ることで貧困地域の街に色をつけて、地域のコミュニティを育てようというアイデアを提案し、実現している方たちがいるんですよ。

色を塗って地域を変えるには

アーティストのイェロン・クールハースとドレ・ウルハーンは、地域全体をペンキで塗装し、住民を巻き込みながらコミュニティ・アートを作っています。場所はリオデジャネイロのファヴェーラから、ノース・フィラデルフィアの街並みにまで及びます。どうして彼らのプロジェクトは成功したのでしょうか?この面白く感動的な話を通して2人が説明しているのは、アート優先のアプローチについて、そして、ご近所を誘ってバーベキューをすることの大切さです。

ハース&ハーン: 色を塗って地域を変えるには

映像の話の途中で出てきますが、町中に描かれた日本風の刺青模様は素敵ですよ。塗るという行為にアートが加わり、より魅力的な行いになったというわけですね。

paint

また、”塗る”という行為で周りの住民を巻き込むことで、自然とコミュニティが生まれています。塗ることに参加すると、自分が塗った町を、汚そうという気は少なくなりますしね。

日本の家づくりに置き換えてみると・・・

住まい手自身が、自分の家の壁を塗ったっていいわけですし、友達や同僚、親戚等呼んで、手伝ってもらったらいいわけです。塗るって、シンプルな作業ですけど、一人ではなかなか出来ないので、こういったことからコミュニティって生まれるんですよね。

”塗る”という行為をどこかに取り入れてみてはいかがでしょうか?

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。







ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

あなたにしかできない世界観のある家づくりを始めよう!そして、家を楽しむことを提案しよう!建材メーカー主導のモノの価値を訴求する家づくりではなく、「暮らしをモノで豊かにしようするのではなく、暮らしを精神的に豊かにする。」そんな考え方です。